野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロでもひときわ目立つ体 ロッテドラ1安田「4番・三塁」で“デビュー”&安打

沖縄県石垣市は、2016年から「アジアゲートウェイ交流戦Power Series」と銘打って、石垣市で春季キャンプを張る千葉ロッテマリーンズと、CPBL(台湾プロ野球)のLamigoモンキーズの交流戦を行っている。

4番・三塁で交流試合に出場したロッテ・安田尚憲【写真:広尾晃】
4番・三塁で交流試合に出場したロッテ・安田尚憲【写真:広尾晃】

台湾Lamigoモンキーズと交流戦、「4番・三塁」のアナウンスにどよめき

 沖縄県石垣市は、2016年から「アジアゲートウェイ交流戦Power Series」と銘打って、石垣市で春季キャンプを張る千葉ロッテマリーンズと、CPBL(台湾プロ野球)のLamigoモンキーズの交流戦を行っている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 このシリーズの発端は、2014年にLamigoが本拠地の台湾、桃園洲際棒球場にロッテを招いて行った「桃園最強Power Series 2014」日台交流試合だったが、2016年からは舞台を石垣市に移して行われている。第3回の今年は2月17日、18日の両日、ロッテのキャンプ地である石垣市中央運動公園野球場で行われる。

 石垣島と那覇の距離は410キロ、台湾との距離は270キロ。石垣島は、台湾の方が距離的にも近く、気候も台湾に近い。今年もLamigoのファン、応援団が多数駆け付け、三塁側スタンドを埋めた。

 CPBLではおなじみの大音量の音楽と、球団に所属するチアリーダーが、応援を盛り上げる。「アッタラアター(安打、安打)」など、日本では聞きなれない台湾スタイルの応援が、球場全体に響き渡る。ロッテも応援団が駆け付け、右翼席に陣取っておなじみの応援を展開した。

 Lamigoは、注目の王柏融は出場していないが、楊岱均など、若手の注目株が先発に名前を連ねている。ロッテも、角中勝也、鈴木大地などの主力級は出なかったが、今年飛躍が期待される中村奨吾、井上晴哉らがラインナップに並ぶ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」