野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス育成ドラ6左腕、紅白戦初登板で好投 飯田の“強制降板”で緊急登板

ソフトバンクの育成ドラフト6位ルーキー渡邉雄大投手が宮崎キャンプ第4クール最終日の18日、A組の紅白戦で実戦初登板を果たした。

ソフトバンク・渡邉雄大【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・渡邉雄大【写真:福谷佑介】

1死満塁で登板、柳田に右前適時打浴びるも2三振奪う

 ソフトバンクの育成ドラフト6位ルーキー渡邉雄大投手が宮崎キャンプ第4クール最終日の18日、A組の紅白戦で実戦初登板を果たした。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 出番は突然巡ってきた。白組の3番手で4回からマウンドに上がった飯田優也が大乱調。1イニング目に2つの四球から味方の失策が絡んで2点を失うと、2イニング目はヒットと2つの四球で1死満塁に。ここで工藤公康監督ら首脳陣は左腕を“強制降板”させた。

 この場面で4番手でマウンドに上がったのが、育成のルーキー左腕だった。いきなり迎えた登板では、球界を代表する打者の柳田悠岐に右前適時打を浴びたが、その後は吉村裕基を見逃し三振、塚田正義を三ゴロに。2イニング目となった6回は高田知季を二ゴロ、甲斐拓也を空振り三振、城所龍磨を投ゴロに仕留めて3者凡退に封じた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」