野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

離島キャンプのメリット生かして― ロッテと深める絆

2月17日、18日に沖縄県石垣市で開催された「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2018 in石垣島」は、両日ともに3000人を超える観客を集め、人口5万人弱の自治体のイベントとしては大盛況だった。また、石垣市の千葉ロッテマリーンズ春季キャンプも、ロッテファンをはじめ、全国に広く知られるようになった。

石垣市企画部観光スポーツ局スポーツ交流課の小底正弘氏【写真:広尾晃】
石垣市企画部観光スポーツ局スポーツ交流課の小底正弘氏【写真:広尾晃】

ロッテが調整を続けてきた石垣島、キャンプ地の思い

 2月17日、18日に沖縄県石垣市で開催された「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2018 in石垣島」は、両日ともに3000人を超える観客を集め、人口5万人弱の自治体のイベントとしては大盛況だった。また、石垣市の千葉ロッテマリーンズ春季キャンプも、ロッテファンをはじめ、全国に広く知られるようになった。

 交流戦の主催者であり、ロッテ春季キャンプの受け入れ先でもある、沖縄県石垣市の現場のリーダー、石垣市企画部観光スポーツ局スポーツ交流課、イベント交流班班長の小底正弘氏に話を聞いた。

「千葉ロッテマリーンズさんが石垣市で春季キャンプをするようになって、今年で11年になります。経済効果ももちろんですが、何より、子供たちが野球ができる環境を整備できたことが大きいですね。ロッテキャンプを受け入れるに際して、市はグラウンドを改修し、さまざまな施設を整備しました。2月は、ロッテがこの施設を使用しますが、それ以外の季節は島の住民や子供たちが使います。プロ野球が使う立派な施設で練習や試合をすることで、子供たちはさらに野球が好きになりましたし、技術もアップしました」

「もちろん、経済効果もありました。ロッテ球団の選手、指導者、スタッフが長期間滞在しますし、報道陣も多数やってこられます。また、ロッテファンの方もツアーや個人旅行で来られます。もともとリゾートの島ですが、さらに経済効果をオンすることになりました。それにキャンプ期間中は毎日、テレビのニュースで石垣島のキャンプの様子が全国に放映されます。石垣島の知名度、イメージアップ効果も大きいですね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」