野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 主力大量放出が波紋も…ジーター氏は手応え「ファンから素晴らしい反応」

主力大量放出が波紋も…ジーター氏は手応え「ファンから素晴らしい反応」

新オーナーに就任したデレク・ジーター氏のもとでチーム再建を進めるマーリンズ。主力の大量放出は地元ファンの反発を買っているとも伝えられているが、ジーター氏は「真実からかけ離れている」と語ったという。もう1人のオーナーである投資家のブルース・シャーマン氏も、ここまでの動きは「全て正しい」と話したと、地元紙「サン・センチネル」が報じている。

マーリンズのオーナーを務めるデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】
マーリンズのオーナーを務めるデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

共同オーナーのシャーマン氏も地元メディアに語る「動きは全て正しいもの」

 新オーナーに就任したデレク・ジーター氏のもとでチーム再建を進めるマーリンズ。主力の大量放出は地元ファンの反発を買っているとも伝えられているが、ジーター氏は「真実からかけ離れている」と語ったという。もう1人のオーナーである投資家のブルース・シャーマン氏も、ここまでの動きは「全て正しい」と話したと、地元紙「サン・センチネル」が報じている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マーリンズは14日(日本時間15日)にバッテリー組がキャンプインし、19日(同20日)には野手組も加わって全体練習が始まった。当然、そこには昨季までの主力で人気選手でもあったディー・ゴードン内野手(マリナーズ)、ジャンカルロ・スタントン外野手(ヤンキース)、マルセル・オズナ外野手(カージナルス)、クリスチャン・イエリッチ外野手(ブルワーズ)の姿はない。

 ゴードン、スタントン、オズナの放出にはチーム内外から不満の声が上がり、イエリッチは移籍を志願して、ブルワーズにトレードとなった。スター候補のJ・T・リアルミュート捕手も放出を望んでいるとされている。再建に伴う“痛み”とはいえ、あまりにも急激な変化は波紋を広げているが、オーナーサイドは確かな手応えを得ているようだ。

「サン・センチネル」は「マーリンズのオーナー、ブルース・シャーマン:デレク・ジーターと共同オーナーたちが行った動きは全て正しいものだ。フランチャイズはとても洗練されていて、資金も潤っており、財政的な準備も整っている」とのタイトルで記事を掲載した。共同オーナーのシャーマン氏が、昨年9月の就任会見以来初めて公の場に姿を現し、話した内容について伝えている。

 記事では「マイアミ・マーリンズは多くの資金を蓄えており、成功と呼べるオフシーズンを送り、ここ数か月で多くのポジティブな反応をファンから得ている、とブルース・シャーマンとデレク・ジーターは月曜日に発言したのである」と言及。ただ、続けて「それに反した世の声があるのにも関わらずにだ」と指摘している。さらに「(オーナーに就任した)初日に見せた時と同じのんびりしたトーンで、シャーマンはマーリンズの長期的な先行きを楽観的に描いたのである」とも報じている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」