野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天の「あまちゃん」、NPBの「メキシコ人史上最高の打者」になれるか

193センチ135キロの巨躯を誇る楽天のジャフェット・アマダー内野手は、日本球界の歴史上、最重量の選手である。そして、アマダーにとって来日3年目となる今シーズンは、NPBに在籍する唯一のメキシコ人選手としての戦いでもある。

楽天の「あまちゃん」ことジャフェット・アマダー【写真:荒川祐史】
楽天の「あまちゃん」ことジャフェット・アマダー【写真:荒川祐史】

日本球界の歴史上最重量のアマダー、今季はNPBの唯一のメキシコ人に

 193センチ135キロの巨躯を誇る楽天のジャフェット・アマダー内野手は、日本球界の歴史上、最重量の選手である。そして、アマダーにとって来日3年目となる今シーズンは、NPBに在籍する唯一のメキシコ人選手としての戦いでもある。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 その体格通り長距離砲として期待され、2016年に楽天の一員となったアマダー。初年度は故障に悩まされながらも、39試合で9本塁打を放ってそのパワーの片鱗を見せ付けた。

 しかし、来日2年目となる昨年は、開幕序盤は打率が2割台前後を行き来する低空飛行を続けてしまう。それでも、そのポテンシャルを信じて起用を続けた梨田監督の期待に応え、シーズン中盤からは豪快なバッティングを披露し始めた。

 7月に8本塁打、9月までの3か月で16本塁打を放って復調をアピールすると、通算では121試合に出場して打率.237ながら、23本塁打、65打点という好成績を残す。日本球界初の「外国人選手20発トリオ」の一角として、チームのAクラス入りにも大きく貢献した。

 短期決戦でもその打棒は威力を発揮し、クライマックスシリーズのファイナルステージでは2本のアーチを描く。チームは敗れて日本シリーズ進出はならなかったものの、来季以降の躍進に向けて、さらなる期待を抱かせてくれたことは間違いない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」