野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス栗原は左肩関節前方脱臼、21日からリハビリ組 高谷に続き捕手離脱

ソフトバンクは20日、栗原陵矢捕手が練習中に左肩を痛め、宮崎市内の病院でCT検査を受けた結果、左肩関節前方脱臼と診断されたと発表した。21日からリハビリ組となる。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

昨年1軍デビューの21歳が練習中に負傷

 ソフトバンクは20日、栗原陵矢捕手が練習中に左肩を痛め、宮崎市内の病院でCT検査を受けた結果、左肩関節前方脱臼と診断されたと発表した。21日からリハビリ組となる。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季が4年目の21歳は昨季1軍デビューを果たし、3試合に出場。今季は躍進が期待されていたが、B組のJX-ENEOSとの練習試合に出場後、特守のノック中に左肩を負傷。この日、高谷裕亮捕手が右肘の関節炎と診断されたばかりだっただけに、本人にとってもチームにとっても痛い離脱となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬