野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

つば九郎があちこちに出没、“青木効果”でファン増加のヤクルトキャンプ

東京ヤクルトスワローズは、2000年から浦添市民球場を1軍の春季キャンプ地にしている。2軍は、宮崎県の西都市でキャンプをしている。

あちこちに出没するつば九郎はヤクルトキャンプでも人気者【写真:広尾晃】
あちこちに出没するつば九郎はヤクルトキャンプでも人気者【写真:広尾晃】

アクセス良好の浦添市民球場で行われているヤクルトキャンプ

 東京ヤクルトスワローズは、2000年から浦添市民球場を1軍の春季キャンプ地にしている。2軍は、宮崎県の西都市でキャンプをしている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 浦添市は那覇市の北隣にある。人口11.5万。ビジネスの中心地、那覇市の近郊都市として人口が増えている。那覇市からは何系統ものバスがキャンプ地まで出ている。いずれも30分程度、アクセスは良好だ。

 浦添市民球場は、浦添運動公園内にある。ヤクルトキャンプのメイングランドだ。両翼98メートル、中堅122メートル、照明設備はないが、オープン戦も開かれる本格的な球場だ。

 右翼側に室内練習場の浦添市民体育館。その隣に6人の投手が同時に投げられるブルペン。外野側にサブグランドとなる浦添市多目的屋外運動場がある。
浦添運動公園は、丘の中腹に広がっている。丘の上から全体を見渡すことができるのが特徴だ。

 室内練習場は公開されていないが、ブルペンはオープンになっていて投手の迫力あるピッチングを見ることができる。メイングランドの浦添市民球場も観戦しやすい。この球場では球団関係者や野球評論家などもスタンドで観戦することが多く、思わぬ有名人に出くわすことがある。

 サブグランドでは投手がランニングをしたり、野手が特守に励んだりするのを間近に見ることができる。今年は青木宣親がキャンプ途中から参加、ファンの数も増加しているとのこと。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」