野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「ジーターといざこざになるなんて…」オブジェ撤去には芸術家の許可必要?

「ジーターといざこざになるなんて…」オブジェ撤去には芸術家の許可必要?

新オーナーに就任したデレク・ジーター氏のもとで、チーム再建を進めるマーリンズ。主力選手の大量放出、功労者や球団スタッフの解雇などが波紋を広げているが、地元で関心事の1つとなっているのが、本拠地マーリンズ・パークの巨大名物オブジェの行方だ。撤去の可能性が伝えられ、一部地元ファンの反対運動も起きる中、このオブジェを運び出すためには芸術家の許可が必要であるという新たな事実を地元メディアが報じている。

マーリンズのオーナーを務めるデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】
マーリンズのオーナーを務めるデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

マーリンズは本拠地名物の巨大オブジェ撤去を計画も…

 新オーナーに就任したデレク・ジーター氏のもとで、チーム再建を進めるマーリンズ。主力選手の大量放出、功労者や球団スタッフの解雇などが波紋を広げているが、地元で関心事の1つとなっているのが、本拠地マーリンズ・パークの巨大名物オブジェの行方だ。撤去の可能性が伝えられ、一部地元ファンの反対運動も起きる中、このオブジェを運び出すためには芸術家の許可が必要であるという新たな事実を地元メディアが報じている。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 昨年9月に投資家のブルース・シャーマン氏とともにマーリンズを買収し、共同オーナーに就任したジーター氏。最高経営責任者(CEO)として改革を進めているが、スタントン、ゴードン、オズナ、イエリッチと次々と人気主力選手を放出したことが反発を呼んでおり、その他の“改革“にまで注目が集まっている。

 マーリンズは「ビリー・ザ・マーリン」と呼ばれるカジキマグロの球団マスコットの“中の人”、ジョン・デチッコさんを解任。さらに、試合中に行われている海の生き物のマスコットレース「グレート・シー・レース」も廃止する方針だという。そして、本拠地マーリンズ・パークのセンター後方にある巨大名物オブジェ「ホームラン・フィーチャー」を撤去する可能性も伝えられていたが、これに対してはインターネット上で反対する人を集める署名活動がスタート。ジーター氏本人は、その方針については明言を避けている。

 ただ、マーリンズにとっては一筋縄ではいかない問題のようだ。地元紙「マイアミ・ヘラルド」は「一人のニューヨーカーは、どのようにデレク・ジーターにホームラン・スカルプチャーをマーリンズパークに留めるように強いることができるのか」とのタイトルで記事を掲載。250万ドル(約2億7000万円)の巨大オブジェを撤去するためには、芸術家のレッド・グルームスの承認がまず必要になるとマイアミ・デイド郡の職員が明かしたことを伝えている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」