野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム清宮、OP戦初戦で“デビュー” 代打で空振り三振も球場は大きな拍手

日本ハムの清宮幸太郎内野手が24日、オープン戦初戦の中日戦(北谷)で“プロデビュー”し、空振り三振に倒れた。

中田の代打で登場、変化球でタイミング外されて三振

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が24日、オープン戦初戦の中日戦(北谷)で“プロデビュー”し、空振り三振に倒れた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 清宮は1点リードの9回1死走者なしの場面で、4番・中田の代打で登場。右腕・丸山に対して、初球はファウル、2球目はボール、3球目は見逃し、4球目はファウル、5球目はボールでカウント2-2に。最後は変化球でタイミングを外れ、空振り三振に倒れた。

 しかし、打席に立った時に大歓声で迎えられると、三振に倒れたあとも“敵地“は大きな拍手。22日に急性胃腸炎でダウンしたばかりだったが、驚異的な回復を見せて“プロ初打席”を終えた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」