野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 隻腕投手アボット氏が大谷翔平に送るエール「インスパイアする存在であれ」

隻腕投手アボット氏が大谷翔平に送るエール「インスパイアする存在であれ」

前例のないこと、誰も長く達成したことのない事例に挑戦するには、強い意志が必要だ。

数々の輝かしい功績を残したジム・アボット氏【写真:西山和明】
数々の輝かしい功績を残したジム・アボット氏【写真:西山和明】

自ら道を切り拓いたパイオニアから、もう1人のパイオニアに…

 前例のないこと、誰も長く達成したことのない事例に挑戦するには、強い意志が必要だ。1989年、エンゼルスの先発投手としてデビューした左腕ジム・アボットは、生まれつき右手首から先がない隻腕だった。プロ入り直前の1988年にはソウル五輪で金メダルを獲得。プロ入り後はデビューから3年連続2桁勝利を飾り、ヤンキース時代の1993年にはノーヒットノーランを達成。数々の輝かしい功績を残したアボット氏が、常に心に抱いていた思いがあるという。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「自分のプレーする姿が、世界中の誰かに勇気とひらめき(インスピレーション)を与えられたら――」

 2018年春、アリゾナ州テンピにあるエンゼルスのキャンプ施設には、臨時インストラクターとしてユニホームを着るアボット氏の姿があった。1999年を限りに引退した後は、モチベーショナル・スピーカーとして各地で講演活動をするが、春はエンゼルスの一員としてアリゾナに滞在。毎年春の訪れを楽しみにするが、今年は例年以上に待ちきれなかった。それというのも、“二刀流”大谷翔平投手が入団したからだ。バッテリー陣がキャンプインした2月15日に、日米合わせて約150人の報道陣が集まった様子を振り返り、「自分のデビュー当時を思い出したよ」と目を細めた。

 甲子園を沸かせた大谷同様、アボット氏も高校時代からメディアの注目を一身に受けた。隻腕のメジャー投手は前例がない。「みんな型破りなストーリーが好きだからね」と笑うが、多数のメディアに囲まれ、日々追われることがプレッシャーになったこともある。それでも、いつの日からか「メディアに注目されることは、またとないチャンス」と考えるようになったという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」