野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

MLBでも同じ年に同じチームでデビュー 日ハム新助っ人コンビにかかる期待

2013年、ツインズでともにメジャーデビューした2人が、日本でも同じ年に同じチームでパ・リーグデビューを飾る。

日本ハムのアリゾナキャンプではトンキンなど新外国人3投手が揃ってブルペン入り【写真:盆子原浩二】
日本ハムのアリゾナキャンプではトンキンなど新外国人3投手が揃ってブルペン入り【写真:盆子原浩二】

ともに2013年にツインズでデビュー、若くして海を渡ったトンキンとアルシア

 2013年、ツインズでともにメジャーデビューした2人が、日本でも同じ年に同じチームでパ・リーグデビューを飾る。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 マイケル・トンキン投手とオズワルド・アルシア外野手が、今シーズンオフに揃って北海道日本ハムへ入団した。トンキンは28歳、アルシアは26歳。世界最高峰の舞台で実績を残しながら、若くして海を渡る決断をした2人は、北の大地で再起を期している。

 身長201センチの大型右腕であるトンキンは、2008年のドラフト30巡目でツインズに入団。2013年にメジャーデビューを飾り、9試合登板ながら防御率は0.79という好成績を残すと、以降はメジャーでの登板機会も増加していく。

 2015年には26試合で防御率3.47と一定の数字を残し、翌2016年には防御率5.02ながら65試合に登板するフル回転を見せる。メジャー初勝利を含む3勝を記録し、シーズン103敗を喫したチームにあって、貴重なリリーフ投手の1人として奮闘を続けた。

 しかし、昨年は16試合の登板にとどまり、日本球界への挑戦を決断。メジャー通算成績は141試合3勝3敗、防御率4.43で、奪三振力の高さが魅力のトンキン。オリックスに移籍した増井の背番号とともに、その役割を引き継ぐことが期待されている。

 契約に際しては「北海道の素晴らしさ、あたたかいチームの雰囲気、そしてファンの皆様の大きな支えがあることを、複数の選手より耳にしています」「このチャンスをしっかり結果につなげ、日本一奪還に貢献できるよう精一杯プレーします」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」