野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、“デビュー戦“で被弾&2失点も…米専門家は“確信”「彼は本物だ」

大谷翔平、“デビュー戦“で被弾&2失点も…米専門家は“確信”「彼は本物だ」

エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、米アリゾナ州テンピで行われたオープン戦のブルワーズ戦に初先発し、実戦デビューした。1回1/3を2安打2奪三振1四球2失点(自責1)。初回に制球が乱れ、不運もあって失点すると、2回にもソロ弾を浴びるなどホロ苦のスタートとなったが、現地の専門家は「彼は本物」と称賛している。

オープン戦で初登板を果たしたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
オープン戦で初登板を果たしたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

メジャー通算136勝のグビッツァ氏「素晴らしい落ち着きに完璧なメカニクス」

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、米アリゾナ州テンピで行われたオープン戦のブルワーズ戦に初先発し、実戦デビューした。1回1/3を2安打2奪三振1四球2失点(自責1)。初回に制球が乱れ、不運もあって失点すると、2回にもソロ弾を浴びるなどホロ苦のスタートとなったが、現地の専門家は「彼は本物」と称賛している。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 制球が定まらなかった初回、大谷は先頭ビラーに5球目を中堅に運ばれると、中堅手が打球を見失い二塁打とされる。オルフは空振り三振も、チェには四球。一、二塁から4番・ピーニャへの4球目を叩きつけて暴投とし、捕手の二塁送球がそれて1点を失った。2回には、先頭ブロクストンに高めへの速球を左翼スタンドに運ばれて、ソロ弾で2失点目。続くフランクリンを左飛に打ち取ったところで降板した。

 35~40球が目処となっていたが、31球で降板。ストライクは17球だった。やや苦しんだが、それでもベンチに戻る際には客席から歓声が沸き起こった。

 ロイヤルズ、エンゼルスでプレーした右腕で、通算132勝を上げているスポーツコメンテーターのマーク・グビッツァ氏は試合前から「ショータイム!! テレビを観なければ!!」とツイート。大谷の登板を見届けると「マウンド上のショウヘイ・オオタニを観るのは楽しい。初回の球速、スプリット、そしてカーブは安定していた。数球暴投はあったが、ワオ!! 彼は本物だ!!」と呟いた。さらに、その後は「非常に良い球!! 素晴らしい落ち着きに完璧なメカニクス!!」とも投稿している。

 まだオープン戦の初戦。投手として、そして打者としても、開幕へ向けて徐々に状態を上げていきたいところだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」