野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「失敗して経験から学べ」6失点炎上の育成左腕にかけた工藤監督の言葉

厳しい結果が待ち受けていた。ソフトバンクが春季キャンプを行う宮崎・生目の杜運動公園。このキャンプで注目を集める19歳がいる。育成選手ながら、キャンプ中にA組昇格を果たした長谷川宙輝投手だ。

ソフトバンク・長谷川宙輝【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・長谷川宙輝【写真:福谷佑介】

24日に行われた紅白戦、長谷川宙は1回4安打3四球で6失点と炎上

 厳しい結果が待ち受けていた。ソフトバンクが春季キャンプを行う宮崎・生目の杜運動公園。このキャンプで注目を集める19歳がいる。育成選手ながら、キャンプ中にA組昇格を果たした長谷川宙輝投手だ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2016年の育成ドラフト2位で聖徳学園高から入団。ルーキーイヤーに自己最速を5キロ更新する149キロをマークし、急成長を遂げた左腕だ。昨秋キャンプでは工藤公康監督が直々にトレーニング指導をする通称「工藤塾」のメンバーに。春季キャンプはB組スタートだったが、キャンプ中のアピールが実り、第3クールからA組に昇格した。

 その若きホープが洗礼を浴びた。24日に行われた4度目の紅白戦。ここで登板した長谷川宙は大量失点を喫した。先頭の本多雄一に四球を与えると、高田知季、中村晃にも四球。3連続四球で満塁とされると、ボークで1点を失う。さらに柳田悠岐に中前適時打を打たれ、新外国人のグラシアルには右翼への2ランを浴びた。

 吉村裕基には右翼線への二塁打、2死を奪った後には谷川原健太に左前適時打を許した。1回4安打3四球で6失点。当初は2イニングを投げる予定だったが、大乱調に伴い、この回で降板することとなった。

 アピールのチャンスに力が入ったのか。この左腕の投球に対して工藤公康監督は「僕らも色々経験したことはある。今日、彼が経験したことは、みんなが経験していること。いい球はあったし、真っ白になっちゃったとこともあるのかな。失敗して経験から学ぶことがある。前を向くことが大事」と語り、降板後の長谷川宙本人にも、同様の話をしたという。

「同じことを繰り返さないこと」と語ったのは倉野信次投手統括コーチ。将来性豊かな左腕にとって、何を学ぶか、どう生かすかが、これから大事になってくる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」