野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 幻の本塁打「よく覚えてる」 NPB初現役メジャーリーガーが秘める日本愛(上)

幻の本塁打「よく覚えてる」 NPB初現役メジャーリーガーが秘める日本愛(上)

「日本プロ野球初の現役メジャーリーガー」として知られるジム・マーシャル氏が、Full-Countの独占インタビューに応じた。1950年にプロ入りし、オリオールズ、カブス、ジャイアンツ、メッツ、パイレーツの5球団で内野手としてメジャーキャリアを積んだ同氏は、1963年に中日に移籍。3年間で通算408試合に出場し、打率.268、78本塁打、252打点の好成績を残した。

インタビューに応じたジム・マーシャル氏【写真:盆子原浩二】
インタビューに応じたジム・マーシャル氏【写真:盆子原浩二】

元中日ジム・マーシャル氏へ単独インタ、今も秘める日本への熱い思い

「日本プロ野球初の現役メジャーリーガー」として知られるジム・マーシャル氏が、Full-Countの独占インタビューに応じた。1950年にプロ入りし、オリオールズ、カブス、ジャイアンツ、メッツ、パイレーツの5球団で内野手としてメジャーキャリアを積んだ同氏は、1963年に中日に移籍。3年間で通算408試合に出場し、打率.268、78本塁打、252打点の好成績を残した。

【PR】「DAZN」でMLB&NPBを観戦しよう! ”初月無料視聴可能”、スポーツコンテンツが充実

 引退後はカブス、アスレチックスで監督を務め、その後、中日に1軍総合コーチとして復帰。アスレチックスではリッキー・ヘンダーソンをメジャーデビューさせたことでも知られている。86歳となった今も“日本愛“を持ち続ける同氏は、自身のキャリア、そして日本への思いを語ってくれた。今回は前篇。(聞き手・盆子原浩二)

――イリノイ州で生まれてカリフォルニアで育ち。大学からメジャーに入ったとのことですが、野球がやはり1番得意だったのですか?

「1番得意だったのはバスケットボール。UCLAに奨学金をオファーされたくらいだ。有名なジョン・ウドゥンという監督もいたが、やはり野球が好きだったね。そこからロングビーチステート大に少し行ったが、コンプトンジュ二アカレッジが印象深いね」

――野球漬けの学生生活でしたか?

「そうだったね。その時代は打撃練習も友人を見つけ、投げてもらい、打ち、その後は球を全て拾いに行かなければならなかった。1日の半分は野球だったよ」

――打撃はもちろんのこと、守備もとても評価が高かったそうですね。

「アマチュア時代は、壁に球を投げては受け、投げては受けを繰り返したのもだよ。子供の頃から守備練習ばかりしていたね」

――アルトゥーベ(アストロズ)や他の有名選手も同じ壁にボールを投げて練習をしていたとのことですが。

「本当かい? 実際、僕も王貞治さんに守備をコーチしたこともある。その当時の川上(哲治)監督から、王さんに守備を教えるようにと依頼された。打撃を教えたがったがね(笑)。彼はとても素晴らしい一塁手になった」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬