野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

無念の離脱、鷹・栗原が心境吐露 左肩脱臼にも「レベルアップした姿で…」

その悔しさは計り知れない。大きなチャンスを目の前にして降りかかった故障の悪夢。失意のままに、宮崎で行われていた春季キャンプ地を後にする21歳がいた。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:荒川祐史】

1軍3番手捕手の最有力候補も、2月20日に左肩を負傷

 その悔しさは計り知れない。大きなチャンスを目の前にして降りかかった故障の悪夢。失意のままに、宮崎で行われていた春季キャンプ地を後にする21歳がいた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手。キャンプ中に左肩を脱臼し、離脱。一足先にキャンプを終えて福岡へと戻るリハビリ組の中に、その姿はあった。

 2018年、栗原にとっては千載一遇のチャンスをものにするため臨んだキャンプだった。オフに山下斐紹捕手がトレードで楽天へ移籍し、鶴岡慎也捕手がFAで古巣の日本ハムへと復帰した。先輩捕手2人がチームから去り、必然的に1軍の3番手捕手の座が目の前へと転がり込んできた。

 もちろん他の若手との競争はあったが、ライバルとなるのは2年目の九鬼隆平捕手や3年目の谷川原健太捕手ら。2軍での実績は圧倒的に栗原に分があり、昨季は1軍デビューも果たした。間違いなく、その座に最も近いところにいた。高谷裕亮捕手が右肘関節炎で離脱したこともあり、2番手捕手にも手が届く…はずだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」