野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 打者・大谷翔平、“10割”デビュー 米メディア称賛「非の打ちどころがない」

打者・大谷翔平、“10割”デビュー 米メディア称賛「非の打ちどころがない」

エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、米アリゾナ州ピオリアでのオープン戦・パドレス戦に「2番・DH」で出場し、打者での実戦デビューも果たした。1、2打席目は四球を選ぶと、第3打席でセンターへ痛烈な初ヒット。初打点も記録する上々のスタートとなった。米メデイアも続々と速報し、「非の打ち所がない」「天才的」などと称賛している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

2四球&痛烈適時打に「感銘的」「天才的」、相手地元紙は「打ち取れない」

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、米アリゾナ州ピオリアでのオープン戦・パドレス戦に「2番・DH」で出場し、打者での実戦デビューも果たした。1、2打席目は四球を選ぶと、第3打席でセンターへ痛烈な初ヒット。初打点も記録する上々のスタートとなった。米メデイアも続々と速報し、「非の打ち所がない」「天才的」などと称賛している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 第1打席は1回1死走者なしの場面でライルズと対戦し、2ストライクから4球連続ボールを選んで四球で出塁。0-4で迎えた3回1死走者なしの第2打席は左腕バウマンからカウント3-1での5球目の速球を見送って2打席連続の四球とし、次打者の2球目が暴投になると、すかさず二塁へ滑り込んだ。

 そして、迎えた第3打席。大谷は右腕マリオットの初球の150キロ速球を強振すると、痛烈な打球はセンターへ抜ける適時打となった。一塁で笑みを浮かべた大谷は、代走を送られて“お役御免”。打率、出塁率ともに“10割”のスタート。まさに上々のスタートとなった。

 米メディア「スポーティング・ニュース」は「エンゼルスの指名打者として初めて出場したスプリング・トレーニングの試合で、オオタニは非の打ちどころがない」とのタイトルで速報。さらに、大谷獲得に動いていた相手のパドレスの地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」は「パドレスはまたショウヘイ・オオタニを打ち取れない」と伝えた。

 米全国紙「USAトゥデイ」は「ショウヘイ・オオタニの打者デビューは感銘的だ」と紹介。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「ショウヘイ・オオタニがエンゼルスのユニフォームを着て放った初めてのヒットと打点を見よ」、「FOXスポーツ」は「見よ:ショウヘイ・オオタニがエンゼルスの試合で指名打者デビューし、タイムリーヒットを放つ」として、ともに動画を使って速報している。また、MLB公式サイトはトップでエンゼルス戦の速報を紹介しており、大谷の写真とともに「DHで天才的なヒット」とタイトルをつけている。

 24日(同25日)のブルワーズ戦では投手としてデビューを果たしていた大谷。制球に苦しむなど、1回1/3を投げて1被弾を含む2安打2奪三振1四球2失点という内容に、米メディアは「刺激的で不安定」などと伝えていた。当然、投手としてはまだまだ状態を上げていく段階にあるが、打者としては初戦で早くも強烈な印象を植え付けたようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」