野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 投手デビューから2日後の打者デビュー 二刀流・大谷に米紙が「現実はこうだ」

投手デビューから2日後の打者デビュー 二刀流・大谷に米紙が「現実はこうだ」

エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、米アリゾナ州ピオリアでのオープン戦・パドレス戦に「2番・DH」で出場し、“打者デビュー”を果たした。1安打2四球1打点と打率&出塁率“10割“の好スタート。24日(同25日)の“投手デビュー”から2日後の打者としての出場に、米メディアはシーズン中の起用法のヒントが見えたと伝えている。

エンゼルス・大谷翔平の”二刀流”に米紙も注目【写真:西山和明】
エンゼルス・大谷翔平の”二刀流”に米紙も注目【写真:西山和明】

米紙が中1日での「投」→「打」出場に注目「起用法についてのヒントが伺える」

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、米アリゾナ州ピオリアでのオープン戦・パドレス戦に「2番・DH」で出場し、“打者デビュー”を果たした。1安打2四球1打点と打率&出塁率“10割“の好スタート。24日(同25日)の“投手デビュー”から2日後の打者としての出場に、米メディアはシーズン中の起用法のヒントが見えたと伝えている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大谷は1、2打席目と四球を選ぶと、4点を追う5回1死二塁の場面で迎えた3打席目には右腕マリオットからセンター前ヒット。ここでお役御免となった。相手選手からは打席での雰囲気、選球眼などに称賛の声が集まる中、米全国紙「USAトゥデイ」はその起用法に注目している。

「現実はこうだ:登板の2日後、ショウヘイ・オオタニはエンゼルスの指名打者としてプレーする」

 同紙はこのようにタイトルをつけ、エンゼルス首脳陣が大谷入団時から二刀流として起用する方針を明かしていたことを紹介。「とは言ったものの、それは極めて素晴らしいこと」とした上で、「カクタスリーグ(オープン戦)が行われるこの2月の時期に、レギュラーシーズンに向けた各チームのプランが示されるようなことはないが、オオタニに関しては、ラインナップの割り当てからシーズン中に可能性としてあり得る彼の起用法についてのヒントが伺える」としている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」