野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ローテ当確の鷹・武田、3回6安打1失点も…工藤監督は「任せている人間」

ソフトバンクの武田翔太投手が、対外試合初登板で課題を残す投球となった。27日の「球春みやざきベースボールゲームズ」ロッテ戦に2番手で登板。3イニングを投げて毎回の6安打を浴び、1失点という内容に「バランスを考えて投げること、腕を振ることを意識しましたけど、力の入れどころのタイミングが合わなかった」と反省した。

ソフトバンク・武田翔太【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・武田翔太【写真:福谷佑介】

3イニングを投げて毎回安打を浴びる内容に「タイミングが合わなかった」

 ソフトバンクの武田翔太投手が、対外試合初登板で課題を残す投球となった。27日の「球春みやざきベースボールゲームズ」ロッテ戦に2番手で登板。3イニングを投げて毎回の6安打を浴び、1失点という内容に「バランスを考えて投げること、腕を振ることを意識しましたけど、力の入れどころのタイミングが合わなかった」と反省した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3回にいきなり田村、ルーキーの藤岡裕に連打を浴び、犠打で1死二、三塁のピンチを招いた。失点は防いだが、続く4回にも鈴木に右前打。5回は先頭の加藤に左前安打を浴びると、荻野貴に左翼線への適時二塁打を浴びて、ついに1点を失った。「悪かったなと思います。コントロールの面で全体的に高かった。それが課題です」。試合後はブルペンでシャドーピッチングなどを行なって修正に務めた。

 千賀滉大が開幕投手に決まっているソフトバンク。先発ローテは千賀に加え、昨季の最多勝である東浜巨、バンデンハーク、和田毅、そして、この武田の5人が当確。工藤公康監督は「武田はコントロールに苦しんだところはありましたけど、結果的には1点だから。内容はあまり良くはないですけどね。本人に任せている人間なので、ある程度自分でやってくれると思う」と語り、変わらぬ信頼を寄せていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」