野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPBの選手数は905人、そのうち107人が育成選手 各球団の内訳は…

2018年2月時点で、NPBに登録された選手は905人(うち育成107人)だ。その内訳を見ていくと、各球団の補強の方針が見えてくる。

育成選手からソフトバンクを牽引する投手へと成長した千賀【写真:福谷佑介】
育成選手からソフトバンクを牽引する投手へと成長した千賀【写真:福谷佑介】

パ・リーグのホークスと日本ハムは対極も…多くの好選手を育成

 2018年2月時点で、NPBに登録された選手は905人(うち育成107人)だ。その内訳を見ていくと、各球団の補強の方針が見えてくる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 特に育成選手に注目しながら、球団別に選手の陣容を見ていこう。

パ・リーグ455人(うち育成54人)

◯ソフトバンク 92人
▽支配下 67人
投手31人捕手6人内野手18人外野手12人
▽育成 25人
投手13人捕手2人内野手4人外野手6人

◯西武 68人
▽支配下 66人
投手36人捕手6人内野手13人外野手11人
▽育成 2人
捕手1人外野手1人

◯楽天 81人
▽支配下 67人
投手33人捕手8人内野手13人外野手13人
▽育成 14人
投手8人内野手5人外野手1人

◯オリックス75人
▽支配下 65人
投手33人捕手6人内野手15人外野手11人
▽育成 10人
投手4人捕手2人内野手3人外野手1人

◯日本ハム 69人
▽支配下 69人
投手33人捕手9人内野手17人外野手10人
▽育成 0人
なし

◯ロッテ 70人
▽支配下 67人
投手35人捕手6人内野手16人外野手10人
▽育成 3人
投手2人外野手1人

 NPBの支配下選手には70人という定員がある。それ以上の選手を抱える場合は、育成枠で登録する必要がある。育成枠には定員はない。

 ソフトバンクは、巨人と並ぶ最多の25人の育成選手を登録している。育成選手を中心に3軍を構成し、年間80試合前後を消化。この層の厚い人材から、実力派選手が次々現れている。今年の開幕投手に内定した千賀滉大や、昨年の正捕手・甲斐拓也も育成上がりだ。

 反対に日本ハムは、これまで一度も育成選手を取っていない。70人の枠の中で選手を育成している。少数精鋭だが、そのなかからダルビッシュ有、中田翔、西川遥輝、大谷翔平などのNPBを代表する選手を輩出している。ソフトバンクとは対極だが、これも選手育成の考え方だと言えよう。

 それ以外の4球団は育成選手を数人から十数人取っている。育成枠の選手には、育成ドラフトで獲得した選手のほか、70人の支配下枠に余裕を作るために、成績不振の選手、故障などで回復に時間がかかる選手などと育成枠で再契約したケースもある。そういう選手にしてみれば、復活のチャンスをもらったということになる。また若い外国人選手と育成契約するケースもある。

 育成枠選手は2軍戦には出場できるが、1軍戦には支配下枠に登録されないと出場できない。また背番号は3桁になる。育成選手は、厳しい状況から這い上がらなければならない。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」