野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

驚きの連続だった2週間の共同生活 オリ金子の“相棒”務めた3年目右腕の決意

“エース道”を吸収した3年目右腕が並々ならぬ思いでシーズンを迎えようとしている。オリックスの赤間謙投手。春季キャンプは2軍スタートと悔しい思いを味わったが、実戦で結果を残し、3年連続の開幕1軍入りを狙っている。

オリックス・赤間謙【写真提供:オリックスバファローズ】
オリックス・赤間謙【写真提供:オリックスバファローズ】

ルーキーイヤーから2年連続開幕1軍の赤間「得たものは大きかった」

“エース道”を吸収した3年目右腕が並々ならぬ思いでシーズンを迎えようとしている。オリックスの赤間謙投手。春季キャンプは2軍スタートと悔しい思いを味わったが、実戦で結果を残し、3年連続の開幕1軍入りを狙っている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 赤間は2015年に鷺宮製作所からドラフト9位でオリックスに入団。ルーキーイヤーは主に中継ぎとして24試合に登板し0勝1敗、防御率3.09をマーク。昨年はプロ初勝利をマークするも、若手の台頭もあり1軍登板はわずか7試合に終わっている。

 福島第1原発に近い楢葉町出身。2011年の東日本大震災で被災し、自宅は取り壊された。「1軍で活躍する姿を見て、少しでも喜んでくれれば」との思いを持ち、「2011・3・11」と刺繍されたグラブを使っている。あれから7年の月日が流れようとしているが、今でもあの光景を忘れることはない。「野球ができる幸せを感じながら、毎日、悔いを残さず過ごしていきたい」。プロでの活躍が被災地への恩返しになると信じている。

「何か変えないといけないと思っていた時に、誘っていただいて即決しました」とオフにはエース・金子千尋の自主トレパートナーを務め、米ロサンゼルスで体を鍛えぬいた。

 約2週間の共同生活は驚きの連続だったという。「食事は毎日、栄養バランスを考えて取っていましたし、睡眠時間もしっかりとる。え?もう寝るのって言うぐらい(笑)。でも、それが当たり前なんだと改めて思いました。全ては野球に繋がっていくんだって」。米ロスのトレーニング施設では世界中のアスリートを間近で見ることもでき、新たな知識も得ることができた。

 進化した右腕が狙う先は3年連続の開幕1軍。そして全ての数字でキャリアハイを叩き出すことだ。「ポジションにこだわりはない。与えられた場所でしっかりと結果を残したい。金子さんから得たものは大きかった。結果でこたえるしかないですから」。激しい競争を勝ち抜き、金子と同じ1軍のマウンドに再び上がるつもりだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」