野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

侍Jを勝利に導くタイムリー、豪紙「柳田と筒香は観客を落胆させなかった」

3日にナゴヤドームで初戦を迎えた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」。侍ジャパンが2-0で勝利した一戦についてオーストラリアメディアは日本の主軸を務める柳田悠岐(ソフトバンク)、筒香嘉智(DeNA)について「多数の観衆を落胆させなかった」とレポートした。

侍ジャパンの3番を務めた柳田悠岐【写真:Getty Images】
侍ジャパンの3番を務めた柳田悠岐【写真:Getty Images】

侍ジャパンが2-0で初戦勝利

 3日にナゴヤドームで初戦を迎えた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」。侍ジャパンが2-0で勝利した一戦についてオーストラリアメディアは日本の主軸を務める柳田悠岐(ソフトバンク)、筒香嘉智(DeNA)について「多数の観衆を落胆させなかった」とレポートした。オーストラリア地元紙「サウスコースト・レジスター」電子版が伝えている。

侍ジャパンを世界一に導いた驚異の脚力 周東佑京が考える“スペシャリスト”の可能性(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 同日はオーストラリア代表先発ブラックリーの前に侍ジャパン打線は5回まで沈黙。しかし6回、継投に入った相手投手陣を攻め、先頭の1番・秋山が四球、続く菊池が犠打を成功させると、柳田の中前打で1点を先制した。さらに暴投で1死二塁とすると筒香が右翼の頭上を越えるタイムリー二塁打をマーク。日本は千賀ら投手陣の好投もあり、この2点で勝利した。

 オーストラリア紙は元楽天のブラックリーが際立った投球を見せたことをレポート。ベテラン左腕は記事の中で「与えられた情報通り、ゲームプランに忠実に投げた。自分のできることに集中して、打者の体勢を崩そうとした。速球で圧倒しようとはしなかった。自分たちは計画通りだった」と語っている。

 一方、同紙は侍ジャパンの主軸が見せた勝負強い打撃を特筆。柳田と筒香について「観衆を落胆させなかった。連続タイムリーで無得点の膠着状態を打破した」とし、「日本は鍵となる場面を生かし、違いを見せた」と伝えた。

 また先発の千賀から守護神の山崎まで6投手の継投で完封リレーを遂げた日本の投手陣にも触れ、特に千賀と今永が三振を量産したことを伝えた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」