野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • イチローら指導の名コーチが野茂氏の推薦で渡米 メジャーで伝える打撃論とは

イチローら指導の名コーチが野茂氏の推薦で渡米 メジャーで伝える打撃論とは

今季で就任5シーズン目を迎えるパドレスのAJ・プレラーGMは、日本の野球に一目置き、指導方法や理念を上手くメジャー式に融合できないかと考え、野茂英雄氏や斎藤隆氏を特別アドバイザーとして招聘。昨秋からは日本が誇る巧打の人も加わった。南海、近鉄で通算2038安打を放ち、首位打者にも輝いた新井宏昌氏だ。

パドレスで指導する新井宏昌氏(左)と野茂英雄氏【写真:西山和明】
パドレスで指導する新井宏昌氏(左)と野茂英雄氏【写真:西山和明】

通算2038安打の好打者・新井宏昌氏が唱える「速くて強い打球」

 今季で就任5シーズン目を迎えるパドレスのAJ・プレラーGMは、かつて名うての国際スカウトだった。レンジャーズ時代には大学のクラスメイトだったジョン・ダニエルズGMの右腕として、中南米はもちろんアジアにも頻繁に足を運び、世界各地での野球文化の理解を深めた。その中でも、日本の野球に一目置き、指導方法や理念を上手くメジャー式に融合できないかと考え、野茂英雄氏や斎藤隆氏を特別アドバイザーとして招聘。傘下3Aのコーチとして球団OBの大塚晶文氏も名を連ねる。3人はいずれも日米球界を経験し、成功を収めた投手だが、昨秋からは日本が誇る巧打の人も加わった。南海、近鉄で通算2038安打を放ち、首位打者にも輝いた新井宏昌氏だ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 40歳で引退するまでプロ18年の長いキャリアを送った新井氏とパドレスをつないだのは、近鉄時代に同僚だった野茂氏だった。昨季のチーム打率(.234)、出塁率(.299)、得点(604)は30球団で最下位に沈んだ一方で、三振数(1499)は30球団中3位の多さ。球団はシーズン終了前の9月1日に元西武のアラン・ジンター打撃コーチを解雇。チームとして打撃の質を上げるため、育成の過程で選手が持つポテンシャルを最大限に引き出すために、海外の野球人が持つ打撃理論に耳を傾けることにした。その時、野茂氏が推したのが“大先輩”新井氏だった。

「遊撃にハビエル・ゲラという守備の上手い選手がいて、彼の打撃がよくなればメジャーに定着するんじゃないか、彼のよさが出ていない、と野茂は考えていたようです。そこで去年の秋にアリゾナの球団施設で、少し見させてもらったんです。ほんの3日くらいしか一緒に取り組めなかったんですが、その後の秋季リーグで感触がよかったようで。また接したい、ということで、この春も野茂から連絡があって2月15日から2週間ほど、アリゾナに行かせてもらいました」

 ゲラはパナマ出身の22歳で右投げ左打ちの遊撃手。2015年オフにアスアヘ、マーゴット、アレンと共に、守護神クレイグ・キンブレルとの交換トレードでパドレスに移籍した。当初から守備に定評はあったが、これまでマイナーでは通算35本塁打ながら494三振、打率.241、出塁率.296と打撃に難があった。身長180センチ、70キロとメジャーでは決して大きくないゲラに会い、そのスイングを見て「ホームランを欲しがるのではなく、アベレージ(打率)を上げていったらどうだろう」と提案したという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」