野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 楽天移籍の岸に変化、セはDeNA2年目左腕に注目 2018年奪三振王は誰に?

楽天移籍の岸に変化、セはDeNA2年目左腕に注目 2018年奪三振王は誰に?

2017年のNPBの奪三振王は、パが楽天の則本昂大が4年連続で獲得、セは巨人のマイコラスだった。今季の奪三振王を占おう。

楽天・岸孝之【写真:荒川祐史】
楽天・岸孝之【写真:荒川祐史】

昨年は則本&マイコラス、2018年奪三振王は誰に?

 2017年のNPBの奪三振王は、パが楽天の則本昂大が4年連続で獲得、セは巨人のマイコラスだった。今季の奪三振王を占おう。

【動画】「イケてる、イケてる、イケてる」…米ファンも大興奮! 大谷が魅せた「えげつない」スライダー

 規定投球回数の過半数である72イニング以上投げた投手の奪三振率(9イニング当たりの奪三振率)20傑は以下の通り。

〇パ・リーグ
1則本昂大(楽)10.76(185.2回222奪三振)
2菊池雄星(西)10.41(187.2回217奪三振)
3岸孝之(楽)9.65(176.1回189奪三振)
4バンデンハーク(ソ)9.53(153回162奪三振)
5千賀滉大(ソ)9.50(143回151奪三振)
6石川柊太(ソ)9.06(98.1回99奪三振)
7岩嵜翔(ソ)8.21(72.1回66奪三振)
8中田賢一(ソ)8.10(86.2回78奪三振)
9二木康太(ロ)8.04(143.1回128奪三振)
10山岡泰輔(オ)8.02(149.1回133奪三振)
11東浜巨(ソ)7.82(160回139奪三振)
12高梨裕稔(日)7.67(117.1回100奪三振)
13加藤貴之(日)7.43(120回99奪三振)
14上沢直之(日)7.27(91.2回74奪三振)
15野上亮磨(西)7.06(144回113奪三振)
16美馬学(楽)7.04(171.1回134奪三振)
17多和田真三郎(西)6.90(96.2回74奪三振)
18金子千尋(オ)6.88(184.1回141奪三振)
19石川歩(ロ)6.75(97.1回73奪三振)
20西勇輝(オ)6.73(117.2回88奪三振)

 パは奪三振率9.00以上の投手が6人。則本と菊池が10以上と傑出している。奪三振王は、今季もこの2人の争いと見られる。則本は昨年8試合連続2桁奪三振のNPB記録を作ったが、7月以降の12登板で2桁奪三振は2回だけ。三振を奪うことよりイニング数を稼ぐことに集中していた。これに対し菊池は7月以降、同じく12回登板したが、2桁奪三振を7回記録。後半戦に関しては菊池が奪三振王だった。さらに昨年、楽天に移籍した岸孝之は、キャリアで始めて奪三振率が9.00を超えた。投球スタイルが変化したように思われる。本命則本、対抗菊池、穴は岸ではないか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」