野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

夢への最短距離を駆け抜けた19歳 西武ドラ3右腕の異色の経歴

3月4日、埼玉西武と広島のオープン戦。そこで埼玉西武の3番手として登板し、広島打線を完璧に抑えて1点リードを守り抜いた伊藤翔投手。彼は2017年ドラフト3位ルーキーで、まだ19歳だ。ただ、高卒ルーキーではない。現在に至るまでのその経歴は少し変わっている。

西武・伊藤翔【画像:(C)PLM】
西武・伊藤翔【画像:(C)PLM】

高卒で独立リーグ徳島へ、1年でプロ入りを叶えた伊藤翔

 3月4日、埼玉西武と広島のオープン戦。そこで埼玉西武の3番手として登板し、広島打線を完璧に抑えて1点リードを守り抜いた伊藤翔投手。彼は2017年ドラフト3位ルーキーで、まだ19歳だ。ただ、高卒ルーキーではない。現在に至るまでのその経歴は少し変わっている。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 西武戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 千葉県の横芝敬愛高校で活躍した伊藤は、高卒でのプロ入りを志望したものの指名漏れとなり、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団。独立リーグを自ら希望する高校生はめずらしいが、伊藤はわずか1年でその選択の正しさを証明してみせた。

 高卒1年目から先発ローテーションを守り抜き、16試合でリーグ2位タイの8勝、防御率も同3位の2.18を記録する。年間総合優勝を懸けたチャンピオンシップでは、先発した2試合をいずれも完投し、うち1試合は完封勝利だった。

 チャンピオンシップ、グランドチャンピオンシップでともにMVPに選出され、年間MVPにも輝くと、この活躍は当然NPB界隈にも届き、2017年ドラフトで埼玉西武から3位指名。昨秋の失意を過去のものとし、わずか1年でNPBの舞台まで駆け上がってきた。

 伊藤の持ち味は、最速152キロの直球と切れ味抜群のスライダーだ。リラックスした表情はまだ高校を卒業したばかりの少年のあどけなさを残しているが、進んで課題と向き合い、試行錯誤を繰り返す意識の高さも評価を得ている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」