野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

Bクラス翌年は若手が一本立ち 日ハムが誇る“Aクラス入り100%”の秘密

10年ぶりの日本一から一転、昨年はリーグ5位に終わった北海道日本ハム。オフには投手と野手の二刀流・大谷翔平がエンゼルスへ移籍し、正捕手だった大野奨太が中日、抑えの増井浩俊がオリックス、さらにセットアッパーのマーティンもメジャーの舞台に挑戦するなど、主力選手の移籍が相次いだ。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

オフに大谷、大野、増井、マーティンがチームを去る

 10年ぶりの日本一から一転、昨年はリーグ5位に終わった北海道日本ハム。オフには投手と野手の二刀流・大谷翔平がエンゼルスへ移籍し、正捕手だった大野奨太が中日、抑えの増井浩俊がオリックス、さらにセットアッパーのマーティンもメジャーの舞台に挑戦するなど、主力選手の移籍が相次いだ。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 チームの主力の多くが移籍し心配な部分もあるが、その不安をかき消すようなデータがある。それは北海道日本ハムが北海道に移転後、2年連続でBクラスを経験していないことだ。

〇札幌ドーム移転後の北海道日本ハムの成績

2004年 3位 66勝65敗2分
2005年 5位 62勝71敗3分
2006年 1位 82勝54敗0分
2007年 1位 79勝60敗5分
2008年 3位 73勝69敗2分
2009年 1位 82勝60敗2分
2010年 4位 74勝67敗3分
2011年 2位 72勝65敗7分
2012年 1位 74勝59敗11分
2013年 6位 64勝78敗2分
2014年 3位 73勝68敗3分
2015年 2位 79勝62敗2分
2016年 1位 87勝53敗3分
2017年 5位 60勝83敗0分

 2005年は北海道に移転後、初めてBクラスとなる5位に終わるも、翌2006年はリーグ優勝、日本一。2010年も4位だったが、翌2011年は2位。2013年は最下位に終わるも、2014年は3位だった。Bクラスに終わった翌年の2006年、2011年、2014年のチームをみると、若手野手が一本立ちしたケースが多い。

 2006年でいえば森本稀哲、田中賢介が当てはまる。この2人は同年の開幕戦のスターティングメンバーに名を連ねておらず、少ないチャンスをモノにし、レギュラーの座をつかみ取った。6月頃からは森本、田中賢の1、2番コンビが形成され、森本は打率.285をマークし、田中賢はリーグ最多の34犠打を記録するなど、2人とも初めて規定打席に到達した。

 2011年は陽岱鋼と中田翔がそうだ。前年の2010年に109試合に出場し1軍に定着した陽は、11年は開幕から右翼で出場。1番や2番といった打順を任され、クリーンアップにつなぐ役割を果たした陽は、プロ入り後初めて規定打席に到達し打率.274をマーク。2番打者としてチームトップの38犠打を記録した。

 前年にプロ初本塁打を含む9本塁打を記録した中田も、2011年は開幕から左翼のレギュラーとして出場。開幕から19打席無安打と苦しんだが、その後は調子を取り戻し18本塁打、91打点の成績を残すなど、大きく飛躍を遂げたシーズンとなった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」