野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー6年ぶり古巣復帰 MLB公式が選出、マリナーズでの名場面トップ8は?

イチロー6年ぶり古巣復帰 MLB公式が選出、マリナーズでの名場面トップ8は?

マーリンズからFAとなっていたイチロー外野手が7日(日本時間8日)、古巣マリナーズと正式契約し、入団会見に臨んだ。MLB公式サイトでは、2001年から12年シーズン途中にヤンキースに移籍するまでシアトルで輝きを放った「背番号51」の名場面トップ8を特集している。

マリナーズへの復帰が決まったイチロー【写真:Getty Images】
マリナーズへの復帰が決まったイチロー【写真:Getty Images】

メジャー選手として第一歩を踏み出したマリナーズでの「8つの最高の瞬間」

 マーリンズからFAとなっていたイチロー外野手が7日(日本時間8日)、古巣マリナーズと正式契約し、入団会見に臨んだ。MLB公式サイトでは、2001年から12年シーズン途中にヤンキースに移籍するまでシアトルで輝きを放った「背番号51」の名場面トップ8を特集している。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「イチローのシアトルへの復帰の高まりとともに、マリナーズでの8つの最高の瞬間を振り返ろう」と特集したのはMLB公式サイトの動画コーナー「CUT4」だ。「それが起ころうとしている」と、レジェンドのセーフコフィールド凱旋への期待を隠しきれない様子で、2001年から10年連続でオールスターに選出されたイチローの輝ける8つの瞬間を振り返っている。

 1番目はメジャー史に残る1年目の大活躍。「イチロー、シアトルへようこそ」と振り返っている。オリックスから27歳でやってきたイチローは新人王とMVPを受賞するなど、数々の個人タイトルを獲得。リーグ最多の242安打と56盗塁を記録し、打率.350で首位打者にも輝いた。新人王とMVPの同時受賞は、メジャー史上でフレッド・リンとイチローだけが実現した偉業。ここからイチロー伝説は始まった。

 2番目は2004年10月1日のレンジャーズ戦(セーフコフィールド)。打席前からスタンディングオベーションで迎えた観客にセンター前ヒットで応えた背番号51は、ジョージ・シスラーの年間最多安打記録(257安打)を更新した。記事では、地鳴りのような歓声に帽子を取って応えたイチローが「自分の野球のキャリアで最高の瞬間」と振り返ったことを紹介している。

 3番目は2005年6月15日のフィリーズ戦。ライトフェンス直撃の一打でメジャー通算1000安打を達成し、この時もスタンディングオベーションが巻き起こっていた。特集では「最初のマイルストーンの1つとなった」と振り返っている。さらに、4番目は2009年9月6日のアスレチック戦。ジオ・ゴンザレスの2球目を華麗にはじき返し、ライト線を破ると、この時もスタンディングオベーションが巻き起こった。これはメジャー通算2000安打。特集では「1402試合での2000本安打到達で、彼は史上2番目に早い選手となった」とメジャー史に残る偉業だったことも伝えている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」