野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー復帰をカノ&ヘルナンデスの“スターコンビ”も大歓迎「彼が主役」

イチロー復帰をカノ&ヘルナンデスの“スターコンビ”も大歓迎「彼が主役」

マーリンズからFAとなっていたイチロー外野手が7日(日本時間8日)、6年ぶりに古巣マリナーズに復帰した。数日前から復帰の確実の情報が流れる中、シアトルの投打のスーパースターコンビが背番号51の凱旋を大歓迎していると、米有力紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じた。

ヤンキース在籍時にチームメイトだったイチロー(右)とカノ【写真:Getty Images】
ヤンキース在籍時にチームメイトだったイチロー(右)とカノ【写真:Getty Images】

米紙で証言、エース右腕ヘルナンデスは「いつでも彼が打席に立つと、ヒットだった」

 マーリンズからFAとなっていたイチロー外野手が7日(日本時間8日)、6年ぶりに古巣マリナーズに復帰した。数日前から復帰の確実の情報が流れる中、シアトルの投打のスーパースターコンビが背番号51の凱旋を大歓迎していると、米有力紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

「キング・フェリックス」の異名を持つエース、フェリックス・へルナンデス投手は、2001年から10年連続でシーズン200本安打を記録した安打製造機との再タッグを心待ちにしている様子だった。

「いつでも彼が打席に立つと、ヒットだった。エキサイティングだったよ。彼はフィールドで色々なことができたんだよ」

 エース右腕は記事の中で、このように期待。マリナーズ一筋の右腕は昨季、負傷もあって6勝5敗、防御率4.36に終わった。今季は復活を期すが、イチローとの再会は楽しみな様子。取材に対して「昨年の後半、彼はすごくいい打撃を見せていた。言っておくけれど、彼はここに移籍して、活躍しないなんてことはないんだ。彼はヒットを打つだろうね」とも話している。

 昨年のマーリンズは、ジャンカルロ・スタントン(現ヤンキース)、マルセル・オズナ(現カージナルス)、クリスチャン・イエリッチ(現ブルワーズ)と、メジャー最強とも呼ばれた外野トリオが怪我なく大活躍。イチローの出場機会は激減し、前半戦は打率が上がらずに苦しんだが、オールスター明けの打撃成績は打率.299だった。ヘルナンデスはそのことを指摘した上で、今シーズンの活躍に太鼓判を押したという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」