野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ二木、4回無失点も…井口監督の要求は高く「まだ真っ直ぐが来てない」

ローテーションの一角を担うロッテ二木康太投手が尻上がりに調子を上げてきた。

ロッテ・二木康太【画像:(C)PLM】
ロッテ・二木康太【画像:(C)PLM】

63球で3安打の快投「ローテで回ってもらわなきゃいけないピッチャー」

 ローテーションの一角を担うロッテ二木康太投手が尻上がりに調子を上げてきた。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 13日、ZOZOマリンのオリックス戦に2番手で登板し、5回から4イニングを投げて63球3安打無失点。直球のMAXは142キロだったが、井口監督は「まだ真っ直ぐが来ていない。ローテで回ってもらわなきゃいけないピッチャー。そこに向けてしっかり調整してほしい」と、開幕までの課題をやはりストレートの強さに置いた。

 二木自身も十分わかっており、「変化球よりはまず真っ直ぐ」とストレートのスピードアップが急務になる。甘い球がファールになったり、風で戻されたりとラッキーな部分もあったが、7回無死一塁でマレーロを空振り三振にとったフォークはキレがあった。

「リリースの時に、しっかり力が(球に)伝わるようになって、多少は良くなってきた」と二木。2月21日の広島戦(沖縄・練習試合)では先発して3回5失点の乱調で心配されたが、球持ちの良さという持ち味は徐々に発揮している。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」