野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ「井口野球」が着実に浸透 エンドラン、バントに「いい塁の出方」も

オープン戦残り9試合。ロッテの井口資仁監督は「バント(のサイン)は全選手にあると伝えている。エンドランを含めて色んなサインを出していく」と宣言した。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

オリックスに逆転勝利、オープン戦は7試合で5勝1敗1分

 オープン戦残り9試合。ロッテの井口資仁監督は「バント(のサイン)は全選手にあると伝えている。エンドランを含めて色んなサインを出していく」と宣言した。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 13日のZOZOマリンのオリックス戦。0-2の4回1死一塁で相手先発・金子に対して「コントロールのいいピッチャーは足で崩すしかない」とエンドランのサイン。平沢が期待に応えて三遊間を破り、ここから3点を奪って逆転。最後は4-2で快勝した。

 2点リードの8回無死一塁では、その打席まで打率.450の3番・中村に送りバントのサイン。投前バントは二塁封殺で送れはしなかったが、貪欲に1点をとりにいくスタイルの一端を見せた。

 指揮官は「追い込まれても粘って歩く。ヒットと同じ価値がある。ボール球を打たないというのは一貫したテーマ」と、オリックス金子、小林から奪った6四球を評価。オープン戦7試合で5勝1敗1分。13残塁には不満も残るが「攻め方として、いい塁の出方をみんなしている」と「井口野球」の浸透を喜んだ。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」