野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 野球と音楽をつなぐドラマー、オカモト“MOBY”タクヤ氏が今季MLBを予想【ナ編】

野球と音楽をつなぐドラマー、オカモト“MOBY”タクヤ氏が今季MLBを予想【ナ編】

今季は3月29日(日本時間30日)に30球団が揃って開幕を迎えるメジャーリーグ。世界一を目指す新たな戦いの始まりを目前に、各球団は最終調整に入っている。

ロックバンド「SCOOBIE DO」のドラマー兼マネージャー、オカモト“MOBY”タクヤ氏
ロックバンド「SCOOBIE DO」のドラマー兼マネージャー、オカモト“MOBY”タクヤ氏

東地区はナショナルズの1強、メッツは先発投手次第?

 今季は3月29日(日本時間30日)に30球団が揃って開幕を迎えるメジャーリーグ。世界一を目指す新たな戦いの始まりを目前に、各球団は最終調整に入っている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 Full-Countでは、今季からFMおだわらで放送中の野球と音楽をつなげるラジオ「NO BASEBALL, NO LIFE.」とコラボし、野球の面白さをより幅広い層に伝えていくことになった。そこで今回は、放送7年目を迎える「NO BASEBALL, NO LIFE.」でメインMCを務めるロックバンド「SCOOBIE DO」のドラマー兼マネージャー、オカモト“MOBY”タクヤ氏に、今季MLBのペナントレースの行方を占ってもらった。

 カブスの大ファンでもあるオカモト氏は、動画配信サービス「DAZN」のメジャー中継で解説を務めるほどのメジャー通。カブスが108年ぶり世界一に輝いた2016年には、本拠地シカゴでワールドシリーズ観戦を果たしたオカモト氏は、どんなシーズンを予測するのだろうか。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 史上稀に見る停滞ぶりを見せたFA市場も、ようやく未契約だった主要選手の移籍先が決まり始めました。マイク・ムスタカスはロイヤルズと再契約、カルロス・ゴンザレスはロッキーズと再契約、ジョナサン・ルクロイはアスレチックス、ランス・リンはツインズ、そして最大の目玉であったジェイク・アリエッタはフィリーズ。アレックス・コブをはじめ、まだまだ選手は残っていますが、チームごとの戦力は大方見えてきました。それではナ・リーグの予想、いってみましょう。

【東地区】
ナショナルズの1強は今季も続きそう。カブス監督ジョー・マドンの懐刀としてレイズ→カブスでベンチコーチを務めていたデーブ・マルティネスが新監督に就任。先発陣は万全、昨季途中にブルペンも強化し、外野手アダム・イートンも復帰します。捕手が少々不安ですが、今オフFAになるブライス・ハーパーが事実上のラストイヤーということもあり、前身モントリオール・エクスポズ時代からの悲願達成は叶うでしょうか。メッツは毎年怪我に悩まされる豪華先発陣が健康に過ごせるかにかかります。ブルペンもタレント豊富、野手もベテラン3選手を補強し、若手も成長すれば昨季より上向きに。

 他の3球団は相変わらず厳しい情勢で、特にマーリンズはデレク・ジーターCEOが主力選手のファイヤーセールを敢行し、チーム再建を開始。残った田澤純一も今年が正念場です。一方、フィリーズはアリエッタとカルロス・サンタナを獲得。昨季ブレイクしたリース・ホスキンスなど若手が育ち始めたチームの方向性は明るく、新監督ゲイブ・キャプラー(元巨人)の采配次第では化学反応が起こる可能性も。ブレーブスはまだまだタレント不足で若手を成長させながらのシーズンですが、『Baseball America』のチーム別プロスペクト・ランキングでは全30球団中1位、来年以降へ繋げる重要な年にしたいところです。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」