野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム・レアード、燕ブキャナンから逆転満塁弾「気分はもちろん最高」

日本ハムのブランドン・レアード内野手が17日のオープン戦ヤクルト戦(神宮)で満塁弾を放った。

6回表、日本ハムのレアード(右)が満塁本塁打を放ってチームメイトに迎えられる【写真:荒川祐史】
6回表、日本ハムのレアード(右)が満塁本塁打を放ってチームメイトに迎えられる【写真:荒川祐史】

3点を追う6回に満塁弾

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が17日のオープン戦ヤクルト戦(神宮)で満塁弾を放った。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 3点を追う6回、日本ハムは松本が右前打、中田が四球、アルシアが右前打と1死満塁の絶好機を作る。ここで打席に入ったレアードは、ブキャナンの真ん中に入ってきたシュートをフルスイング。打球はレフトスタンドに着弾する逆転満塁弾となった。

 レアードは「強い打球を打つことだけを意識して初球から思いきって振りにいったよ。気分はもちろん最高だよ」とコメント。これがオープン戦4本目の一発となった。

 その後、ヤクルトは6回裏、8回に得点を奪い、再逆転に成功している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」