野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人FA移籍の野上、開幕に向け仕上がり順調 ロッテ相手に6回2失点

FA権を行使して西武から巨人に移籍した野上亮磨投手が、開幕に向けて順調な仕上がりぶりを披露した。18日、ZOZOマリンスタジムで行われたロッテとのオープン戦に先発。オープン戦で最長となる6回を投げて、ロッテ打線を2失点に封じた。

ロッテ対巨人のオープン戦は7回表終了時点で2‐2の同点
ロッテ対巨人のオープン戦は7回表終了時点で2‐2の同点

自身、オープン戦最長となる6イニングを投げる

 FA権を行使して西武から巨人に移籍した野上亮磨投手が、開幕に向けて順調な仕上がりぶりを披露した。18日、ZOZOマリンスタジムで行われたロッテとのオープン戦に先発。オープン戦で最長となる6回を投げて、ロッテ打線を2失点に封じた。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 初回、2回と、ともに1死から安打で走者を背負った野上だったが、後続を断って無失点。3回に先頭の平沢大河に二塁打、続く荻野貴司に中前安打を許し、中村奨吾の犠飛と鈴木大地の右前適時打で2点を失ったが、その後は得点を与えなかった。

 6回を投げて105球。6安打3三振1四球で2失点と、まずまずの投球を見せて、7回からは2番手の戸根千明投手がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬