野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト、ドラ1村上がデビュー戦でマルチ安打 初得点もマーク

ヤクルトのドラフト1位ルーキーの村上宗隆内野手が、1軍デビュー戦でいきなりマルチ安打を放った。18日の本拠地・神宮球場で行われたソフトバンクとのオープン戦。ドラ1ルーキーは「9番・DH」でスタメンに名を連ね、1軍デビューを飾った。

1軍のオープン戦で初安打を放ったヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
1軍のオープン戦で初安打を放ったヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

第1打席で遊撃内野安打、第3打席では左前打

 ヤクルトのドラフト1位ルーキーの村上宗隆内野手が、1軍デビュー戦でいきなりマルチ安打を放った。18日の本拠地・神宮球場で行われたソフトバンクとのオープン戦。ドラ1ルーキーは「9番・DH」でスタメンに名を連ね、1軍デビューを飾った。

【PR】「DAZN」ならヤクルト戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2回2死での第1打席。ソフトバンク先発の武田から放った打球は高いバウンドとなる遊撃への内野安打。オープン戦ではあるものの、初打席で早速、プロ初安打を放った。第2打席は空振り三振に倒れたが、7回先頭で迎えた第3打席でクリーンヒットを放った。

 2ボール2ストライクからの6球目。ソフトバンク2番手の飯田の外寄りの145キロの真っ直ぐを捉えた打球はライナーで左前で弾む安打に。オープン戦初出場でマルチ安打を記録。さらに、宮本丈の二塁内野安打、山崎晃大朗の三塁内野安打で三塁まで進み、山田哲人の左前適時打で生還。プロ初得点も記録した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬