野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

えっ? これがヒットになるの? 速すぎるホークス育成ドラ2が衝撃の一打

ソフトバンクの育成野手が衝撃の内野安打を放った。その舞台となったのは、18日にソフトバンクのファーム本拠地タマホームスタジアム筑後で行われたウエスタンリーグ・阪神戦。打ったのは、今季からホークスの一員となった育成ドラフト2位・周東佑京内野手だった。

ソフトバンク・周東佑京【画像提供:(C)PLM】
ソフトバンク・周東佑京【画像提供:(C)PLM】

50メートル5秒7の周東佑京、遊撃正面への平凡なゴロが…

 ソフトバンクの育成野手が衝撃の内野安打を放った。その舞台となったのは、18日にソフトバンクのファーム本拠地タマホームスタジアム筑後で行われたウエスタンリーグ・阪神戦。打ったのは、今季からホークスの一員となった育成ドラフト2位・周東佑京内野手だった。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「2番・左翼」でスタメン出場した周東が、驚きの一打を放ったのは初回の第1打席だ。1ボールからの2球目。阪神のドラフト2位・高橋遥人投手の真っ直ぐをはじき返した打球は、遊撃正面への平凡なゴロに。熊谷敬宥が余裕を持ってキャッチし、一塁へと送球したのだが、快足が武器の周東の足が勝り、なんと内野安打にしてしまった。

 前日17日の同戦でウエスタンリーグ初スタメンすると、第4打席には左翼線への安打を放った。普通なら二塁打であろう当たりであったが、これも周東は俊足で三塁打としていた。東農大二高、東農大オホーツクと進み、ホークスに入団した周東。50メートル5秒7を誇るスピードは見るものを魅了する。

 千賀滉大、甲斐拓也、石川柊太ら育成選手から数多くの好選手を輩出してきたソフトバンク。新たに鷹の一員となった背番号「121」にも注目だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」