野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米国を救った1年前の“歴史的美技“ ジョーンズの本塁打強奪は「最良の瞬間」

米国を救った1年前の“歴史的美技“ ジョーンズの本塁打強奪は「最良の瞬間」

メジャーリーグは今月29日(日本時間30日)に開幕する。1998年に球団数が「30」に増えてから、全球団が同じ日に開幕戦を戦うのは初。歴史的なオープニングに向けて、選手はスプリングトレーニングで準備を進めているが、昨年のこの時期は第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が大きな盛り上がりを見せていた。ちょうど1年前に生まれたスーパープレーをMLB公式ツイッターが動画付きで紹介している。

WBCではチームUSAを牽引したアダム・ジョーンズ【写真:Getty Images】
WBCではチームUSAを牽引したアダム・ジョーンズ【写真:Getty Images】

WBCでジョーンズが見せた超美技、MLB公式ツイッターがちょうど1年後に動画投稿

 メジャーリーグは今月29日(日本時間30日)に開幕する。1998年に球団数が「30」に増えてから、全球団が同じ日に開幕戦を戦うのは初。歴史的なオープニングに向けて、選手はスプリングトレーニングで準備を進めているが、昨年のこの時期は第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が大きな盛り上がりを見せていた。ちょうど1年前に生まれたスーパープレーをMLB公式ツイッターが動画付きで紹介している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 このプレーがなければ、野球の母国の初優勝はなかったかもしれない。サンディエゴのペトコ・パークで行われたWBCの2次ラウンド、アメリカ-ドミニカ共和国の一戦。勝ったほうが準決勝進出、負ければ敗退の大一番で、アメリカは第3回覇者の相手に対して4-2と2点リードで終盤を迎えていた。しかし、7回1死走者なしの場面で、救援右腕クリッパードがオリオールズのスター選手マニー・マチャドに右中間への大飛球を打たれた。

 飛距離は十分。マチャドも打った瞬間にスタンドインを確信したかのようにゆっくりとスタートを切った。これで1点差…。多くの人がそう思ったはずだが、センターのアダム・ジョーンズが猛然と打球を追いかけた。そして、ドンピシャリのタイミングでジャンプ。左手をいっぱいに伸ばし、フェンスを越えようとしていたボールをもぎ取った。

 スタンドイン寸前での完璧な“ホームランキャッチ”。ジョーンズは雄叫びをあげ、打たれたクリッパードは両手を突き上げた。スタジアムは騒然。オリオールズのチームメートに本塁打を“強奪”されたマチャドも、ヘルメットを掲げて超美技を称えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」