野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・武田、ブルペンではなく本拠地マウンドで51球 「本番前に…」

22日の全体練習後、ソフトバンクの武田翔太投手がヤフオクドームのマウンドに上がり、堀内汰門捕手を相手に変化球を交えながら、51球のピッチングを行った。ブルペンではなく、あえてマウンドに上がった理由を「本番(シーズン)前にヤフオクドームで投げておきたかったから」と説明した。

ヤフオクドームのマウンドでピッチングを行ったソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ヤフオクドームのマウンドでピッチングを行ったソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

4月1日のオリックス戦で先発予定の武田、4日の阪神戦後はオープン戦登板は全て敵地

 22日の全体練習後、ソフトバンクの武田翔太投手がヤフオクドームのマウンドに上がり、堀内汰門捕手を相手に変化球を交えながら、51球のピッチングを行った。ブルペンではなく、あえてマウンドに上がった理由を「本番(シーズン)前にヤフオクドームで投げておきたかったから」と説明した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 武田は4日にヤフオクドームで行われた阪神戦に先発したが、その後は北九州、神宮で屋外での先発が続いた。オープン戦最後の登板となる予定の25日の広島戦もマツダスタジアムでの開催。シーズン最初の登板となる4月1日のオリックス戦までに、本拠地のマウンドの感触を再度確認しておきたかったようだ。

 工藤公康監督は「投げる感じをつかみたいということだった。それは投手の心理からすればあってしかるべきことだと思います」と、武田の志願のピッチングに理解を示した。東浜巨、バンデンハークがそれぞれ開幕を前に課題を残しているだけに、ローテ順で2人よりも先に投げる武田が安定感を欠くようではチームの流れも悪くなる。開幕まで1週間。前日の内川聖一の特打のように、選手個々が自らやるべきことをやってしっかりと準備を整えていくしかない。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」