野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

開幕1軍へ必死のアピール 昨季2軍本塁打王を分けた2人が見せる奮闘の春

オープン戦も終わりが見えてきた。開幕1軍を懸け、パ・リーグの多くの若手がアピールを続けているが、ここでは2人の大砲を紹介したい。北海道日本ハム・森山恵佑選手と楽天・内田靖人選手。彼らは昨季、イースタン・リーグ本塁打王を分け合った仲である。

楽天・内田靖人(左)、日本ハム・森山恵佑【写真:荒川祐史】
楽天・内田靖人(左)、日本ハム・森山恵佑【写真:荒川祐史】

日本ハム森山、楽天内田がオープン戦で奮闘

 オープン戦も終わりが見えてきた。開幕1軍を懸け、パ・リーグの多くの若手がアピールを続けているが、ここでは2人の大砲を紹介したい。北海道日本ハム・森山恵佑選手と楽天・内田靖人選手。彼らは昨季、イースタン・リーグ本塁打王を分け合った仲である。

【動画】驚異の打球速度! ハム・森山が放った豪快な弾丸ライナー弾!

 2年目の森山選手は、専修大学時代に神宮球場のバックスクリーンを越える特大弾を放ったことで有名だろう。2016年ドラフト4位で入団し、昨季はファームで99試合に出場、18本塁打を放って本塁打王を獲得した。長打率もリーグトップの.448を叩き出し、1軍昇格も経験する。しかし、結果を残すことができず、1軍のレベルの高さを痛感するルーキーイヤーとなった。

 ただ今季は、開幕1軍に向けてオープン戦からアピールを続けている。2月24日の中日戦で、いきなり2本塁打を放つ活躍でチームの勝利に大きく貢献。22日現在、8試合に出場し、6安打2本塁打5打点、打率.333の成績だ。ここ数試合は快音が聞かれず、失速してしまった感は否めないが、ここからが正念場。その豪快なスイングが炸裂し、1軍でプロ初アーチを描く日が待たれる。

 続いて、楽天の内田選手だ。福島県いわき市の出身であり、大きな期待を寄せているファンは多いのではないだろうか。2013年、常総学院からドラフト2位で楽天に入団したが、これまではプロの高い壁に跳ね返されるシーズンが続いていた。しかし、昨季はファームで109試合に出場すると、18本塁打、66打点で本塁打王と打点王の2冠に輝く。いよいよその才能が開花の兆しを見せたと言えるだろう。

 オープン戦では13試合に出場し、12球団トップの打率.441、2本塁打、9打点と、期待の若手選手筆頭として注目を集めている。主に三塁手と一塁手として出場している内田選手。厳しいポジション争いは必至だが、このままの調子を維持できれば、定位置奪取の可能性は大きくなるだろう。

 23歳の森山選手と22歳の内田選手。昨季ファームでタイトルを分け合った2人が、いつか1軍でタイトル争いを繰り広げる未来を思い描く。今季はまずその第一歩として、シーズンを通した活躍に期待したいところだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」