野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

離脱した日本ハム清宮は絶望的? 全12球団大予想、開幕1軍を掴むルーキーは?

プロ野球開幕まで、あと1週間。各球団、今週末の3連戦が最後のオープン戦となり、いよいよ2018年シーズンが幕を開けることになる。残り3試合でチームは開幕に向けて最後の調整、そしてメンバー編成の最後の見極めを行うことになる。

開幕1軍は難しいと見られる日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】
開幕1軍は難しいと見られる日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】

各球団、オープン戦は残り3試合、広島はルーキーの開幕1軍はなしか

 プロ野球開幕まで、あと1週間。各球団、今週末の3連戦が最後のオープン戦となり、いよいよ2018年シーズンが幕を開けることになる。残り3試合でチームは開幕に向けて最後の調整、そしてメンバー編成の最後の見極めを行うことになる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2018年シーズン、キャンプから大きな注目を集めた1人が早実から日本ハム入りした清宮幸太郎内野手だった。7球団競合の末にプロ入りした高校通算111本塁打のスラッガーは1軍でキャンプをスタートさせたものの、限局性腹膜炎で入院して離脱。開幕1軍も厳しい状況となっている。

 では、他球団はどうだろう。各球団それぞれのニーズを勘案して獲得してきたルーキーたち。果たして開幕1軍メンバーに割って入ってくる選手がどれだけいるだろうか。12球団でオープン戦出場実績のあるルーキーたちの開幕1軍入りの可能性を予想してみたい。開幕1軍入りが当確を◎とし、有力を○、可能性ありを△、厳しいを×とし、セ・リーグから見ていこう。

【広島】なし
 ドラフト1位で獲得した中村奨成捕手をはじめ、6選手中4選手が高卒ルーキー。ドラフト3位・ケムナ・ブラッド誠(日本文理大)、ドラフト6位の平岡敬人(中部学院大)の2人もオープン戦登板はなく、ルーキーの開幕1軍入りの可能性は限りなく低そうだ。

【阪神】
△ 2位 高橋遥人投手(2試合5回3安打2四球3三振1失点 1.80)
× 4位 島田海吏外野手(4試合9打数0安打0本塁打0打点 .000)
× 5位 谷川昌希投手(2試合4回2安打1四球1三振1失点 2.25)

 最も可能性があるのはドラフト2位の高橋遥人投手。ローテ入りの可能性がある左腕だが、開幕ローテ争いが混沌としており、藤浪晋太郎や小野泰己、才木浩人など他のライバルたちの状態次第となりそう。キャンプで俊足が注目を集めた島田海吏外野手だったが、オープン戦は11打席無安打とアピール出来ていない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」