野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 選抜、開幕ゲームは東北王者・聖光学院が競り勝つ 東筑は春初勝利ならず

選抜、開幕ゲームは東北王者・聖光学院が競り勝つ 東筑は春初勝利ならず

第90回選抜高校野球が23日から甲子園球場で開幕した。開幕戦となった第1試合は東北大会王者の聖光学院(福島)と東筑(福岡)が激突。聖光学院が同点の9回に2点を勝ち越し5-3と競り勝った。

聖光学院が東筑を下す
聖光学院が東筑を下す

同点の9回にセフティースクイズ、エラーも絡み2点勝ち越し

 第90回選抜高校野球が23日から甲子園球場で開幕した。開幕戦となった第1試合は東北大会王者の聖光学院(福島)と東筑(福岡)が激突。聖光学院が同点の9回に2点を勝ち越し5-3と競り勝った。

 初回に聖光学院が2死一、三塁から5番・須田の左前適時打で1点を先制したが、その裏に東筑が3番・和久田の左翼線へのタイムリー二塁打、5番・藤原の右中間へのタイムリー二塁打で2点を奪い逆転。だが、2回に再び聖光学院が同点に追いつくと、3回には東筑が1点を奪い勝ち越しに成功。だが、聖光学院は5回。1死一、三塁から5番・須田の中犠飛で再度、同点に追いつく。

 その後は両チーム無得点が続いたが、試合が動いたのは9回。聖光学院は1死から9番・高坂の左前打、続く田野の三犠打を東筑の三塁・藤原が一塁へ悪送球し1死二、三塁。ここで2番・横堀が一塁線へセフティースクイズを決め、東筑の二塁・田中の悪送球も重なり二走・田野も生還し2点の勝ち越しに成功した。

 選抜初勝利を狙った東筑も2点を追う9回。1死一、二塁と好機を作ったが、2番・田中が放った強烈な打球は遊撃正面のライナーとなり、二走・林が戻れずゲームセットなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」