野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 通算194勝の元CY賞投手が大谷の開幕マイナーを提言「もう少し時間が必要」

通算194勝の元CY賞投手が大谷の開幕マイナーを提言「もう少し時間が必要」

投打の二刀流実現を目指すエンゼルス大谷翔平投手。開幕をメジャーで迎えるのか、マイナーで迎えるのか、その去就が大きな注目を浴びている。そんな中、メッツやヤンキースなどで活躍した元サイ・ヤング投手のデービッド・コーン氏が、大谷の将来も考えて、マイナーで開幕を迎えるべきだと提言している。米メディア「スポルティング・ニュース」が伝えている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

大谷の才能を高く評価「一世代に一度の才能だ」

 投打の二刀流実現を目指すエンゼルス大谷翔平投手。開幕をメジャーで迎えるのか、マイナーで迎えるのか、その去就が大きな注目を浴びている。そんな中、メッツやヤンキースなどで活躍した元サイ・ヤング投手のデービッド・コーン氏が、大谷の将来も考えて、マイナーで開幕を迎えるべきだと提言している。米メディア「スポルティング・ニュース」が伝えている。

【PR】大谷翔平が復帰! 「DAZN」ならMLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ワールドシリーズ優勝を5度経験した通算194勝を誇るコーン氏は、1986年に23歳でロイヤルズからメジャーデビュー。17年にわたるキャリアを誇る。現在「YESネットワーク」で解説を務める元投手は、大谷について「才能は間違いなくある。彼は一世代に一度の才能だ。打者そして投手も間違いなく可能だ」と絶賛。同時に「ただし最初から結果を求めるのは酷だ。現時点では、彼が順応するためにもう少し時間が必要かもしれない」と日本人右腕を慮ったという。

 メジャーではベーブ・ルース以来の二刀流を目指すとあり、大きな注目と期待を一身に集めている。その結果、オープン戦で思うような結果が残せていない大谷について、周囲は早くも“期待外れ”の烙印を押そうとしている。だが、コーン氏は外野の雑音を制するように「意見するにはスプリングトレーニングのハイライト映像だけじゃ不十分だ」と話し、「日本から来た若い選手を少しばかり守ることは悪い考えではない。順応するため、慣れる時間をもう少し与えるんだ」と、目先に左右されず長いキャリアを送る上でも、開幕をマイナーで迎えさせることを提言した。

 開幕が29日(日本時間30日)に迫る中、エンゼルスはどんな決断を下すのだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」