野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム有原が今季初実戦1イニングを無失点 栗山監督「全く問題ない」

日本ハムの有原航平投手が23日、イースタン・リーグ対DeNA戦(鎌ヶ谷)で今季初の実戦登板に臨んだ。

日本ハム・有原航平【写真:田口有史】
日本ハム・有原航平【写真:田口有史】

春季キャンプ序盤で右肩炎症と診断され、リハビリを行っていた

 日本ハムの有原航平投手が23日、イースタン・リーグ対DeNA戦(鎌ヶ谷)で今季初の実戦登板に臨んだ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 有原はキャンプイン直後の2月2日に右肩炎症と診断され、復帰に向けてリハビリに励んできた。この日は6回に2番手としてマウンドに上がると、田中浩を右飛、高城を三ゴロ、白崎を遊直と打者3人をわずか6球でピシャリと抑えた。

 札幌ドームで中継を通して見つめた栗山英樹監督は「もっと投げたがっていたね。投げている感じを見ていると、ブルペンで見ていた時と同じで全く問題ないと思った」と昨季開幕投手を任せたエース候補の実戦復帰にホッとした表情を浮かべた。

 今後は状況を見ながら、1軍復帰の時期を探る。「(先発ローテーションが)なかなか決まらなかったけど、何となくこんな感じかなというものが見えてきた」と指揮官は開幕後のローテーションについて思考を巡らせた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」