野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本人トップタイのOP戦4号、ハム横尾が見せた助っ人並みのパワー

日本ハムの横尾俊建内野手が23日、本拠地でのヤクルト戦で日本人トップに並ぶ4号本塁打を放った。 

日本ハム・横尾俊建【写真:荒川祐史】
日本ハム・横尾俊建【写真:荒川祐史】

「打った瞬間、行ったと思った」

 日本ハムの横尾俊建内野手が23日、本拠地でのヤクルト戦で日本人トップに並ぶ4号本塁打を放った。 

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1点を追う6回2死三塁、カウント2-2から由規の148キロ直球を外国人並みのパワーで左翼席へ叩き込む逆転2ラン。「打った瞬間、行ったと思いました」と振り返った。 

 積極的に振りにいった。初球から3球続いた直球を空振り、ファウル、ファウル。ボールになる変化球を2球見送った後、最後は外角低めの難しい球を芯で捉えた。追い込まれた状況で、頭には「8対2か7対3で変化球がかなり入っていた」という。それだけに「うまく反応できた」と胸を張った。 

 オリックス・宗、巨人・岡本と並ぶ4号。初の開幕スタメンへまた一歩前進したが、横尾自身は開幕戦だけを見据えているわけではない。「開幕スタメンよりも1年通して成績を出すことが大事。もし開幕スタメンじゃなかったとしても、次の試合からレギュラーで出たい」と、目指すのはあくまでもレギュラー奪取。だからこそ、この日も「あとの打席があんまりだったので」と凡退した4打席の内容を課題に挙げることを忘れなかった。 

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」