野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・松坂、4回まで3失点 4回のチャンスで打席立つも遊ゴロ ファンため息

中日の松坂大輔投手が25日、オープン戦最後のマウンドに上がった。25日、本拠地ナゴヤドームで行われるロッテ戦(ナゴヤD)。復活を目指す「平成の怪物」が開幕ローテ入りをかけ、先発した。

松坂大輔が3回まで無失点投球を継続
松坂大輔が3回まで無失点投球を継続

「9番・投手」で先発、3回の打席では二ゴロに倒れる

 中日の松坂大輔投手が25日、オープン戦最後のマウンドに上がった。25日、本拠地ナゴヤドームで行われるロッテ戦(ナゴヤD)。復活を目指す「平成の怪物」が開幕ローテ入りをかけ、先発した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 初回を三者凡退で片付けた右腕。2回も、1死から鈴木大地に二塁打を許したが、菅野を右飛に打ち取ると、右翼・平田の好返球でタッチアップを狙った鈴木を刺殺。2回も結果的には3人で片付けた。3回には田村にストレートの四球、盗塁を許したが、加藤への4球目でボールを弾いた松井雅が三塁を狙った田村を刺殺。加藤にも四球を与えたが、荻野貴を遊ゴロに仕留め、3回もゼロに封じた。

 この日は「9番・投手」での先発。3回には先頭打者として、初めてバッターボックスに入った。ロッテ先発の酒居との対戦。初球は見逃しのストライク、2球目はボールとなり、3球目の141キロに手を出したが、二ゴロに倒れた。

 4回、松坂がロッテ打線につかまった。先頭の藤岡裕に右中間への二塁打、中村に右前安打と連打を許すと、1死二、三塁から鈴木に右翼線への2点適時打。2死二塁で福浦にも左翼線への適時打を浴び、この回3点を失った。

 4回裏に中日が反撃。1死からビシエドが右中間を破る二塁打を放つと、高橋の左前適時打でまず1点。さらに四球で2死一、二塁となり、松井雅が左前適時打を放って、もう1点を返した。なおも2死一、二塁で、松坂が2打席目に。フルカウントまで粘ったものの、最後は詰まった遊ゴロに。スタンドのファンからは大きなため息が漏れた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」