野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA出陣式で開幕オーダー発表 ラミレス監督「7番・右翼」でルーキー神里抜擢

DeNAは25日、JR桜木町駅前広場で出陣式を行った。今季3年目の指揮を執るアレックス・ラミレス監督は、朝から配布された整理券を獲得して集まった熱狂的ファンの前で、30日に開催される開幕戦ヤクルト戦の先発オーダーを発表。「3番・左翼」には、オープン戦最終戦で待望の一発が飛び出した主砲・筒香嘉智外野手を指名。「7番・右翼」にはルーキー神里和毅が抜擢された。

DeNAのアレックス・ラミレス監督が出陣式で開幕戦のスタメンを発表【写真:編集部】
DeNAのアレックス・ラミレス監督が出陣式で開幕戦のスタメンを発表【写真:編集部】

30日に本拠地ヤクルト戦でシーズン開幕

 DeNAは25日、JR桜木町駅前広場で出陣式を行った。今季3年目の指揮を執るアレックス・ラミレス監督は、朝から配布された整理券を獲得して集まった熱狂的ファンの前で、30日に開催される開幕戦ヤクルト戦の先発オーダーを発表。「3番・左翼」には、オープン戦最終戦で待望の一発が飛び出した主砲・筒香嘉智外野手を指名。「7番・右翼」にはルーキー神里和毅が抜擢された。 

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ラミレス監督は3番・筒香、4番・ロペス、5番・宮崎敏郎と続くクリーンアップに「今年は素晴らしいシーズンを送ってくれると信じている。球界でNO1のクリーンナップ。3人で300打点、85本塁打、打率3割を期待したい」と話した。 

 昨季はシーズン3位ながら、クライマックスシリーズ(CS)で大健闘を見せ、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。パ・リーグ覇者のソフトバンクと第6戦まで戦ったが頂点には届かず。迎える2018年シーズンは「VICTORY is within US.(勝利は我らの中にある)」を掲げて、20年ぶりの日本一を目指す。 

 この春は外野手競争が激化。主砲・筒香に加え、桑原将志、梶谷隆幸、乙坂智のほか、佐野恵太、楠本泰史、神里和毅といった若手も奮起し、ラミレス監督は嬉しい悲鳴だ。内野には、阪神からFA移籍してきた大和が加わり、攻撃陣はさらに厚みを増す。 

 開幕投手を務めるのは4年目左腕の石田健大。2年連続での大役で、今年はチームに初白星を飾りたい。 

 発表された開幕オーダーは次の通り。 

1(中)桑原将志 
2(遊)大和 
3(左)筒香嘉智 
4(一)ロペス 
5(三)宮崎敏郎 
6(捕)戸柱恭孝 
7(右)神里和毅 
8(投)石田健大 
9(二)倉本寿彦

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」