野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「投手・大谷」視察の米スカウトに聞く現状 開幕メジャーに「NO」と「YES」

「投手・大谷」視察の米スカウトに聞く現状 開幕メジャーに「NO」と「YES」

エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、キャンプ最後の実戦登板となる紅白戦のマウンドに上がった。打者21人に85球を投げ、2安打2失点、5四球1死球5奪三振。特別ルールで行われ、1、2回は3アウトを取れずに途中で打ち切れられた。この試合を視察したカブスのスカウトは、大谷の“二面性”を指摘。スプリットを意図的に多投した序盤の内容なら、開幕メジャー入りは「ノーだ」と厳しく指摘した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:田口有史】
エンゼルス・大谷翔平【写真:田口有史】

カブススカウトに聞く「投手・大谷」、「修正の余地はあるだろうね」

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、キャンプ最後の実戦登板となる紅白戦のマウンドに上がった。打者21人に85球を投げ、2安打2失点、5四球1死球5奪三振。特別ルールで行われ、1、2回は3アウトを取れずに途中で打ち切れられた。この試合を視察したカブスのスカウトは、大谷の“二面性”を指摘。スプリットを意図的に多投した序盤の内容なら、開幕メジャー入りは「ノーだ」と厳しく指摘した。

【動画】MLB公式も称賛…実戦2度目の登板で大谷が魅せた「えげつない」スライダー

 キャンプ地テンピで行われた大谷の開幕前最後の実戦登板。多くのエンゼルスファンが集結する中、バックネット裏から鋭い視線をマウンド上に送る男がいた。

「ファストボールは良かったと思う。変化球の制球に苦しんでいるように見えた。最初の2イニングまでは感覚をつかもうとしていた。100パーセントで投げていたという印象はない。だが、4回にはギアを上げていた。修正の余地はあるだろうね」

 ダルビッシュ有投手が所属する強豪カブスのスカウト担当はこう語った。

「スプリングトレーニングではひどい内容の選手はたくさんいる。オオタニはダルビッシュとは違う。彼(ダルビッシュ)には経験がある。多くの共通点もあるけれど、全く別の投手だから仕方がない。オオタニには経験が必要なんだ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」