野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

OP戦で圧巻投球も反省の弁、ハム3年目左腕に吉井コーチ“バカボンのススメ”

日本ハムの加藤貴之投手が25日、本拠地でのヤクルト戦に先発し、5回途中4安打1失点と好投。4試合15回を7安打1失点、防御率0.60と抜群の安定感でオープン戦を終えた。

日本ハム・加藤貴之【写真:石川加奈子】
日本ハム・加藤貴之【写真:石川加奈子】

オープン戦15イニングで1失点と好投した日本ハム加藤

 日本ハムの加藤貴之投手が25日、本拠地でのヤクルト戦に先発し、5回途中4安打1失点と好投。4試合15回を7安打1失点、防御率0.60と抜群の安定感でオープン戦を終えた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オープン戦唯一の失点が、この日初回に許した先制点だった。先頭の山田を追い込んだ後、決め球の内角直球を左翼フェンス際まで運ばれる二塁打。1死三塁からバレンティンを当たり損ねの投ゴロに打ち取ったが、その間に三走が生還した。

 2回以降は走者を許しながらも後続を断った。栗山英樹監督は「加藤はずっと安定しているので。加藤、上沢に関しては心配していない」と高く評価した。

 指揮官から絶大な信頼を寄せられても、3年目左腕は反省の弁ばかりを口にした。山田の二塁打について「一番自信のあるボールで勝負したけれど、まだまだということ。もっともっと練習しないと」と振り返り、バレンティンの打点については「できれば三振を獲りたかったが、少し浮いてしまった」と悔やんだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」