野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、仕上がりに手応え 指揮官もOP戦最終登板を評価「素晴らしかった」

前田健太、仕上がりに手応え 指揮官もOP戦最終登板を評価「素晴らしかった」

ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)のエンゼルス戦で最後のオープン戦登板に臨み、5回2失点でマウンドを降りた。ソロ本塁打を2本被弾し、防御率2.60でオープン戦を終了。デーブ・ロバーツ監督は4-2と逆転勝利した試合後のインタビューで、被弾した場面の失投に言及しつつも「直球には力強さがあって気持ちもこもっていた」と投球内容を評価した。

ドジャース・前田健太【写真:田口有史】
ドジャース・前田健太【写真:田口有史】

エンゼルス戦で5回2失点、ソロ2発被弾

 ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)のエンゼルス戦で最後のオープン戦登板に臨み、5回2失点でマウンドを降りた。ソロ本塁打を2本被弾し、防御率2.60でオープン戦を終了。デーブ・ロバーツ監督は4-2と逆転勝利した試合後のインタビューで、被弾した場面の失投に言及しつつも「直球には力強さがあって気持ちもこもっていた」と投球内容を評価した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前田は初回、キンズラーを一邪飛、トラウトを二直、アップトンを空振り三振と3者凡退に打ち取ったが、2回2死走者なしからコザートに左翼へ先制ソロを被弾。4回にも先頭のトラウトに左中間へソロ本塁打を浴びた。味方打線が5回表に2点を奪って追いついた後のマウンドではコザートを三ゴロ、バルブエナを空振り三振、シモンズを二ゴロときっちりと抑えて降板。5回67球を投げ、4安打5奪三振無四球2失点という内容だった。

 試合後のインタビューでロバーツ監督は「曲がり切らなかったスライダーをコザートとトラウトにホームランにされたけど、それ以外では80球近く投げていたし、本当に素晴らしかったよ。直球には力強さがあって、気持ちもこもっていたと思う。スライダーもグッドだった」と上々の評価。投球中に堅実な守備を見せたことについても、「彼は本当に素晴らしいアスリートなんだ。投球や球数に影響を与え得るプレーがどの試合でもわずかにあるものだけど、彼のフィールディングは素晴らしいんだ。打撃の時でさえ、彼にはできることがある」と賛辞を贈った。

 前田はオープン戦で5試合に登板し、15回1/3を投げて防御率2.60。この日の登板について本人も「5回67球? いいんじゃないですか。去年は最後の登板が完璧過ぎたんで、これくらいがいいのかな、と。完璧すぎると、逆に不安になるんで、いい感じで投げることが出来たのかな、と」と話しており、仕上がりに手応えをつかんでいる様子だ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」