野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 本人も困惑、米で“世界一遅い”珍盗塁 「偶然の三盗」が話題に

本人も困惑、米で“世界一遅い”珍盗塁 「偶然の三盗」が話題に

エンゼルスのイアン・キンズラー内野手が25日(日本時間26日)、ドジャースとのオープン戦で“珍盗塁”を決めて話題を呼んでいる。

エンゼルスのイアン・キンズラー【写真:Getty Images】
エンゼルスのイアン・キンズラー【写真:Getty Images】

キンズラーがジョグで盗塁成功、三塁到達も本人困惑

 エンゼルスのイアン・キンズラー内野手が25日(日本時間26日)、ドジャースとのオープン戦で“珍盗塁”を決めて話題を呼んでいる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ドジャース前田健太投手が先発した同試合。右腕が5回2失点で降板した後の6回だった。2死二塁の場面でドジャース2番手チャーゴイスが1-1から投じた3球目をアップトンが空振り。直後、二塁走者のキンズラーが三塁方向に向かってゆっくりと走り出した。

 すかさず捕手は立ち上がって送球しようとしたが、三塁手のベースカバーが遅れて投げられない。その間にキンズラーは悠々ベースに到達。しかし、そのキンズラー自身も困惑したように両手を広げ、何が起こったかわからないというようなジェスチャーをした。

 この場面、キンズラーは三振で3アウトとなったと思ったようだ。しかしこの時点でまだ2ストライク。状況に気付いたキンズラーは打席のアップトンと目を合わせ、笑顔を浮かべた。

 この“世界一遅い盗塁”は現地で話題となり、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」でも「アウトカウントを間違えたイアン・キンスラーが偶然にも三盗に成功」と特集。試合を中継した米メディアの解説も「225盗塁を記録しているキンズラーですが、これは今まででのキャリアで一番簡単な盗塁だったでしょうね。アウトカウントを間違えていたキンズラー、捕手のグランダルはわかっていましたね、三塁のフォーサイスは定かではなかったようです」とレポートした。

 この模様を伝えたMLB公式サイトのツイッターやインスタグラムにも「なんてスムーズ」、「彼のニックネームをニンジャにするべき」など多くの反響が寄せられている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」