野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

牧田和久は「成功する」 パドレス番記者が絶賛「まさにエンターテイメント」

パドレスの牧田和久投手はメジャー1年目のスプリングトレーニングを終え、29日(日本時間30日)にはいよいよ開幕戦ブルワーズ戦に挑む。オープン戦では8試合に登板し、2勝0敗、防御率4.50。サブマリン投法で注目を集める右腕は、メジャーでも活躍できるのだろうか。パドレスの番記者が33歳のルーキーシーズンを占ってくれた。

パドレス・牧田和久【写真:田口有史】
パドレス・牧田和久【写真:田口有史】

球速差50キロ以上の投球を絶賛「マキタのボールに慣れるには時間がかかる」

 パドレスの牧田和久投手はメジャー1年目のスプリングトレーニングを終え、29日(日本時間30日)にはいよいよ開幕戦ブルワーズ戦に挑む。オープン戦では8試合に登板し、2勝0敗、防御率4.50。サブマリン投法で注目を集める右腕は、メジャーでも活躍できるのだろうか。パドレスの番記者が33歳のルーキーシーズンを占ってくれた。

「彼は本当に興味深いよ。日本球界では分からないけれど、あんな角度からボールをリリースする選手はメジャーで見たことがなかった。ほとんどマウンドに触れそうなぐらいだ。まさにエンターテイメントだよ。彼は効果的な存在になると思う。誰もがボールを投げる角度に注目している。沈むツーシームから、ストライクゾーン高めに決まるファストボールもある。パワーのある打者にも効果的だと思う。彼はメジャーで成功すると思うよ」

 こう語ったのは米メディア「ジ・アスレチック」のデニス・リン記者だった。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」で長らくパドレス番を務めていたが、今季から転職。新たなメディアでもパドレス担当として日々、健筆を振るっている。

「緩急という部分も素晴らしいね。50マイル(約81キロ)から82マイル(約132キロ)まで。エリック・ホズマーはフリー打撃で対戦したけれど、『あんなライズボールは見たことがない』と驚いていた。打者相手には浮き上がってくると感じている。メジャーの打者は慣れていない。マキタのボールに慣れるまで時間がかかるだろうね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」