野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBオープン戦で起きた本盗にファン驚愕 「ジャッキー・ロビンソンを彷彿」

MLBオープン戦で起きた本盗にファン驚愕 「ジャッキー・ロビンソンを彷彿」

開幕が目前に迫り、いよいよシーズンに向けて総仕上げの時期となっているメジャーリーグ。残すところあとわずかとなったスプリングトレーニングのオープン戦で、驚きのプレーが誕生した。

驚愕の本盗を決めたパイレーツのロロ・サンチェス(画像はスクリーンショット)
驚愕の本盗を決めたパイレーツのロロ・サンチェス(画像はスクリーンショット)

パイレーツの18歳ロロ・サンチェスがフィリーズ戦でホームスチールを決める

 開幕が目前に迫り、いよいよシーズンに向けて総仕上げの時期となっているメジャーリーグ。残すところあとわずかとなったスプリングトレーニングのオープン戦で、驚きのプレーが誕生した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 パイレーツのスプリングトレーニング地で行われたフィリーズとのオープン戦。6回に代走で出場したパイレーツの18歳ロロ・サンチェスが、周囲の度肝を抜くプレーを見せた。MLB公式ツイッターが動画付きで紹介している。

 6点のビハインドで迎えた6回。1死一塁で左翼への安打を放ったコーリー・ディッカーソンのピンチランナーとして出場したサンチェスは、相手バッテリーのパスボール、ショーン・ロドリゲスの犠飛で三塁へと進んだ。

 ここで打席に左打者のコリン・モーランを迎えると、フィリーズベンチは思い切った策に出た。内野手を大きく一塁方向へと寄せる守備シフトを敷いたのだ。三塁ベースはガラ空きとなり、サンチェスはノーマークとなった。

 大きなリードを取ったサンチェス。フィリーズのリリーフ投手エドゥブレイ・ラモスが、モーランへの2球目を投じようとセットポジションに入った瞬間に、即座にスタートを切った。サンチェスの本盗に気付いたラモスは慌てて捕手へと送球した。これが捕手の遥か頭上に飛んでいく悪送球に。ホームに滑り込んだサンチェスは悠々と本塁を陥れ、ホームスチールを成功させた。

 これには、試合の実況、解説も大興奮。動画内では「彼はホームスチールをしようとしています!ロロ・サンチェスがホームスチールを決めました!」と実況がまくし立て、解説も「ほら、私はこのことを言っていたんです。こうした若い選手たちは何か(クレイジーなことを)をしでかすようですね」と語っている。

 この動画を紹介したMLB公式ツイッターには、数々のコメントが寄せられ「このような類のプレーをもっとみたいね。試合をより面白くするから」「凄いプレーだったね。タイ・カッブも誇りに思っていることだろう」とするものに加え、ホームスチールを得意としていたジャッキー・ロビンソンを引き合いに出して「イエス!!!!ジャッキー・ロビンソンスタイルだね!!」「ジャッキー・ロビンソンを彷彿とさせる!」とするコメントも並んだ。

 ドミニカ共和国出身で、まだ18歳という若さのロロ・サンチェス。昨季ルーキーリーグで51試合に出場しただけだが、MLB公式サイトの若手有望株格付けコーナー「MLBパイプライン」でパイレーツの10位に選出されている新星だ。未来のパイレーツを担う期待の星は驚きのプレーで、その存在を強烈にファンに印象付けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」